喫煙者は恋愛対象外

調査結果から考える

Yahooトップでもヘッドラインに流れましたのでご存じの方も多いかと思いますが、未婚の独身者へのアンケート調査で喫煙者を最初から恋愛対象から除外する人の割合が非常に高いそうです。

まぁ中には一目惚れして好きになってからヘビースモーカーで有ることに気がついて、あっさりと自分の信念を変更してしまって構いませんよになる場合も少なく無いと思いますが、概ね恋愛や婚活において愛煙家は不利な状況であることは間違いないと思います。

確かに年収の高い人ほど吸わない確率が高いですとか、子供への影響の問題ですとか、結婚した場合の経済的な問題ですとかどっちの方向から見ても、無駄な出費で健康にも良いことは何もなくて、周りも迷惑するのですから恋人探しとか結婚相手を見つけるのに関係なくきっぱり辞めることが出来る人は、さっさとやめたほうが良いでしょうね。

自然発生的な恋愛と最初の3秒

特に女性の場合にはパッと最初に会った瞬間、時間にして3秒以内のイメージというのは全てを制するみたいな感じですから、ヤニ臭い息を吐いて爽やかに自己紹介したつもりでも、笑顔が100点でもヤニ臭い息でマイナス一万点みたいな感じになってしまう訳ですから、特に真剣に恋人を作ろうとする人は、先に禁煙したほうが良いのかもしれません。

ただですね個人的に恋愛のスタートに真剣とか一生懸命ってイメージは違うような気がするのですよ。

なんというか自分自身が独身でも毎日楽しくて、出会う人全に対しても明るく接して楽しい気持ちを渡しているような人は、自然に恋人も出来ますし同じように明るくて素敵で幸せな人が集まって来るのですけど、そこに真剣にとか真面目にって言葉は存在しないのですよね。

つまり楽しい毎日ならタバコも不要

中々難しいことですけど朝起きて夜になるまでの間、仕事も楽しくて周りの人との関係も良好で、打ち込める趣味の時間も有って時間を忘れるほど没頭してしまうような、充実している毎日であればタバコは不要ですよね。

よく禁煙に失敗してしまう人というのは、喫煙習慣だけをストップして他の環境や生活を一切変えないから、直ぐに元に戻ってしまうのではないかと思うのですよ。

だからですね仮に貴方がこれから恋人を作ろうとしているですとか、婚活をスタートさせようとしていて、恋活に不利なので禁煙しようと考えているのでしたら、単独でそのことを考えないで、毎日の全てをバージョンアップする事の一つに組み込んで考えて行動したほうが間違いなく成功できるので有りますね。

このページのAI朗読(字幕付き)