アラフォー婚活

それ普通の話ですけど

何か40歳を過ぎてから婚活を始める事を普通の人より遅れているとか、条件的に不利だと自分から勝手に決めつけてしまっている人が少なくないようですけど、いまのこのご時世でアラフォー婚活なんて普通ですよ普通。

まぁ中には二十代から婚活を始めてしまうような少数の人はいらっしゃいますけど、本格的に本腰入れて結婚相手を探そうと考えるのは30歳なかば位からの人が今は多いようですから、四十代なんてものは誤差の範囲で不利なことなんて無いと考え無くてはいけないのです。

私に相談に来る方の中にも40ウン歳だけど大丈夫?みたいな不安を持っていらっしゃる方がおられますけど、そんな風に考えていたらその通り婚活には不安要素だらけの現実が待っていますし、四十も過ぎたしそろそろ自分が婚活に参戦してやるかみたいな前向きな気持の人は、何故か前向きな現実が待っているのですよ。

アラフォー婚活のスタート地点

最初にも書いたことですけど、高齢だから自分は結婚相手を探すにおいて不利な立場だと考えてしまっている人は、まずその間違った考え方ですとか固定観念を正すところから始めなくてはいけない場合が有ります。

出ないと理想からぐっと下がったところまで要望を下げてしまうから、なおさら狭き門にしてしまうからです。

なんというか守備範囲を広げるのと要望を下げるのは同じように感じるかもしれませんけど、本質は大きく違うのですね。

具体的には個別のコーチでその人に理解できる伝え方をするのですけど、守備範囲を広げると言うことは、もっと高望みするという事も含まれるということです。

つまり諺言うと

棒ほど願って針ほど叶うというのが有りますけど、棒ほどの大きさのものも願って望みが叶う場合もあれば針ほどしか叶わないのが現実なんですから、アラフォー婚活だからといって最初から針ほどしか望まなかったら良くて、針程度の望みしか叶わないという事なんですよね。

身の程知らず?

私はこの言葉は嫌いですね。

何故ならば人は成長する生き物でそれは物理的に体が大きくなるという意味ではなく、心や精神でありその根本である考え方が成長するという事です。

ですからアラフォーだろうと何だろうと望みは高く気持ちはいつも上を向いていなくてはいけないのです。

このページのAI朗読(字幕付き)