自分に不利なことは絶対に起きない

思いは現実になる話

神様がいるかどうかは別にして、天は自分にとって不利なことやマイナスになることは絶対に与えないと確信していると本当に現実はその通りになるという話です。

例えば会社にもうどうしようもない人格と思える嫌な上司がいて、何かというと自分に意地悪するような人がいるとするじゃないですか・・というか嫌な上司で悩んでいる人は少なく無いと思いますし、何故か他の人には笑顔で接するのに自分だけ邪険にされてしまうなんて事もあると思います。

自分はこんな人の部下になってしまってなんて不幸なんだ、あの上司さえいなければ良いのになんて考えていると、不幸な気持ちが幸せをブロックしてしまうことになってしまいます。

私もかつてかなりアレな上司のもとで働いたことが有りますけど、私もその時は不幸を感じていた訳ですが、後になるとそのときの事がどんどん自分にプラスになってきたのです。

反面教師という言葉がありますけど、その後、自分が部下を持つようになった訳ですが、自分が嫌だったことを自分の部下に対しては一切しないという行動が出来たのですが、それはあの嫌な上司がいてくれたから学ぶことが出来たのだと言えます。

そういえば営業でバイクを使って移動していたことが有りますが、事故にあって肩の骨を折ってしまったことが有りました。

これも普通に考えたら自分にとって不利な不幸な事ですよね。

けど骨折だけで良かった命に別状なくて良かったと思っていると、ちゃんと効率的に仕事が進められるようになるきっかけになったりするものです。

失恋だってプラスに考える

恋愛は一人じゃ出来ない事で相手が有っての事ですから時には振られて失恋してしまうことだって珍しくないですよね。

失恋した時にもう自分はダメだ!立ち直れないと考えてしまう人と、自分に不利な事は絶対に起きないのだから、次にもっと良い人が現れると気持ちを切り替えられる人と、どっちが幸せになるのか分かりますよね?

ですから、恋愛にしても婚活にしても自分にマイナスな事は絶対に起きないと常に考えていることはとても大切なのです。

このページのAI朗読(字幕付き)