恋人探しと攻守のバランス

恋人が出来ない人は、少なくともどちらかの改善が必要

言い換えると内面(自分自身のこと)と外面(行動)ということになりますが、自分を磨くことにばかり一生懸命になっていて恋人を作る行動が出来ていない場合もありますし、逆に恋愛ノウハウか何かを元にして自分のステージを上げること無く恋人作りに奔走していても結果は思わしくないという事です。

自分を魅力的にする

マメに行動して女性にモテる男ってのも少なくないわけですけど、貴方の周りで思い浮かぶ異性にモテる人の事を少し考えてみてください。

多くの場合は、自分から彼氏とか彼女を追い掛け回しているというよりも、何となく同性異性を問わず人が集まってくるような人ではないですか?

それとコーチング初期段階でよく話をするのですけど、性格が明るいとか暗いとかいった事よりも、毎日の生活が幸せみたいな人には何故か人が集まってきたり、直ぐに彼氏や彼女が出来てしまう感じじゃないでしょうか?

人が集まってくるからその人は毎日が幸せそうなんじゃないですよ!

幸せそうだから人が集まるのですよ。

恋愛コーチの初期段階では先ず内面(自分自身)の変身から始めるのですが、これにはちゃんと意味があるのです。

抽象的な表現になってしまいますけど、自分のステージを先に上げておかないと、引き寄せる恋人というのは自分に近いステージの人になってしまうからです。

よく理想の結婚相手を見つけるなんてキャッツフレーズを目にしたりしますけど、では今の自分のままで最丈夫かな?という事です。

魅力の正体

もちろん一番大きい要因に外見力というのが有ります。

美人だったり二枚目だったりスタイルが良かったり、そりゃパッと見てすぐに分かる事ですからそれは当たり前の話です。

けどこれって着る服を工夫するとか髪型を変えるとか、メイクを工夫するとかで実はびっくりするくらいに変身できるのですけど、この努力を怠っている人はとても多いのです。

私自身もコーチとしての自分のイメージが有って、それに相応しい外見になるように考えて工夫しています。

いいコト教えます。

人は他人をまず外見で判断しますが、その判断要素の大部分はその人の表情であるって事知ってますか?

その人の表情というのは誰もが等しく持っている表情筋によって作られますが、心が幸せを感じていると自然に笑顔になります。

・・・実は心の状態は関係なく笑顔にしていて幸せな言葉を話していると、潜在意識が勝手に幸せを探してきて心が幸せになってきます。(ちょっとしたコツが有るのですけど、誰にでも簡単に出来る事です)

他に言えることといえば、目の前の仕事に一生懸命取り組むだとか、周りの誰にでも優しく接するとか、実は当たり前のことを当たり前にやるということだけなのですけど、できてない人はとても多いのですね。

自分のステージが上がれば行動面は易しくなる

気になる人に声をかけてみる・・こんな恋人作りの行動がありますよね?

自分に自信がないととてもハードルが高くて出来ないと思ってしまいます。

逆に自分が魅力的に成長していると感じている人はどんどん平気になっていったりします。

つまり自分自身のステージが上がるにつれて行動面はどんどん易しくなってくるという事なんですね。

このページのAI朗読(字幕付き)