女性(男性)の目を見て話が出来ない

慣れていないと意外と異性の目を見て話すのは難しい

私が小さい頃に話をするときは相手の目を見て話をするのだと言われた記憶がありますが、特に好意を持っている女性(男性)相手の場合ですとか、逆に相手から自分の目を見て話をされた時など、こちらも見つめ返すというのは結構難しかったりしますね?

ただそれは貴方固有の問題ではなく、ごく普通の事だと思って下さい。

そもそも普段から誰でも相手の目を見つめて話をする人はめったにいませんし、逆に少し変な人だと思われてしまったりしますからね。

普段は相手の目から少し下に目線を置く

相手と正面に向き合って話をする場合の目の置き場の事ですが、まず普段から異性の目を見て話をする事ができない人は、無理に目を見て話そうとしないで、普段から相手と話をする時から、目の少し下に目線を置くようにしましょう。

つまりその手の届く範囲の最初の一歩みたいなものですが、異性の目を見ることが出来ないとか恐怖を感じている人は、目のやり場に困って視線が泳いでしまったりするのですが、この視線が泳いでいるような状態は相手に与える印象が良くないですから、まずはそこから脱却しましょうね。

意外とイメージトレーニングが効果的だったりする

それは鏡が有れば簡単に出来ます。

特に好きな女性(男性)がいて話すきっかけは有って、それほど努力しなくても会話ができる状態なのだけど、目線を合わせられないような状態だったとしましょう。

そんな時は朝出かける前の5分間でも、その好きな異性と会話している自分にの状態を鏡の前でイメージしながら、自分の顔を相手に見立ててほんの少しだけ目を見てみる・・・みたいなイメージトレーニングです。

ちゃんと頭の中は好きな異性を思い浮かべて、話が弾んでいる状態をイメージしながら、鏡を見るわけです。

3秒間一本勝負

前にどこかのコラムに目力と目線力みたいな事を書きましたが、時には言葉よりも視線の力のほうが何倍も恋愛の強力な武器になることは、経験的に知っている人も少なく無いと思いますが、そんなものは長い時間かけて相手の目を見る必要は一切ないのです

三秒間一本勝負とでも表現すれば良いと思いますが、ここぞという場面で微笑んで三秒間相手の目を見つめるというのが一番効果的な方法だと思います。

おっと今回のコラムの本題は異性の目を見ることが出来ないという話題でしたね。

  • ごく普通の当たり前のことだという事
  • 好きでもない女性(男性)の目を見つめたり練習はしないこと
  • 相手の目を見るのは3秒で十分だと理解する事
  • 鏡を使って練習すること

以上の三点を分かってもらえれば、異性の目を見て話が出来ないことも、そう自信過失するような事ではないと思います。

このページのAI朗読(字幕付き)