結婚適齢期は自分で決める

他人に自分の人生を左右されない

昔ほど結婚適齢期という言葉は使われなくなりましたし、女性の結婚適齢期をクリスマスケーキに例える事もなくなりましたが、何故か自分で適齢期を作ってしまうような方もいらっしゃるようですね?

一概には言えませんが三十代半ばになると独身男女に一つの岐路が現れているようです。

結婚に対して焦りだして行動を起こすみたいな人がいらっしゃる反面、もう結婚を諦めてそっち方面に興味を示さなくなる方もいらっしゃるわけですけど、という事はですね現実には有りもしない結婚適齢期を自分で決めてしまっている人が多いという事なのでしょうか?

確かに生物学的に考えますと結婚適齢・・・違う違う、それは生殖適齢期なのであって違う話なんですけど、混同してしまっている人も多いようですね。

人生の岐路は自分で決める→当たり前!

昔は許嫁という制度があったり成人したら何となく親類縁者の間から結婚圧力やら、何故か何処からか収まりの良い結婚相手が親戚筋のツテで現れまして、半強制的に世帯を持っていたなんて事もあったようですけど、今はそんな制度も無ければおせっかいな親戚筋も鳴りを潜めていますよね?

ですから、自分の結婚適齢期くらいは自分で決めるべきものなんですよ!

では婚活について絡めて考えてみましょう。

例えば40歳になるまで仕事一筋で結婚の事など一切考えなかった女性が40歳の誕生日を迎えて、ふと自分の結婚の事を考えたとしましょうか?

ここで肯定的な考え方と否定的な考え方をするかによって婚活の難易度が大きく違ってしまいます。

  • 否定的→もう適齢期を過ぎたから結婚は難しい
  • 肯定的→やっと自分も結婚適齢期、そろそろ行動しようかな!

否定的な考えで婚活を始めた人は、自ら可能性を狭めた状態での行動になってしまいがちですし、つい行動にブレーキを掛けてしまったりします。

肯定的な自分も40歳になってやっと結婚適齢期になったと考えて行動開始した女性は、今が適齢期だと考えているんですから、思いっきり積極的に行動がとれたりするわけですよ。

どう思おうが自分の勝手ですよね!

自分の考え方とか思う方向というのは他人に言われる筋合いは一切ありませんし、心の中までは本人しかわからないのです。

ですからお得な考え方をしないと人生とても損をしてしまうという事です。

恋愛にしても結婚にしても常にお得な方向に考えていくと、ちゃんとお得な人生が待っているのです。

このページのAI朗読(字幕付き)