面倒くさい恋愛

というより面倒な恋人

十人十色といいますが世の中には一定の割合で面倒な人というのは居ますよね?

やたらと猜疑心が強くて疑り深いとか嫉妬深いとかお金に執着が強すぎる人ですとか、粗暴な人間に優柔不断な奴とか実に様々な面倒な人がいるわけですから、油断しているとその手の変な人が恋人になってしまう場合もあるわけです。

特に生まれて初めての恋愛が運悪く面倒な人に当たってしまったら、もう二度と恋人なんて要らないと固く心に誓ってしまう人もいるかもしれませんね?

まぁ完璧な人間というのは一人もいませんし、私自身もあまり人のお手本になれるような人じゃ無いのですけど、それでも限度を超えると云いますか余りに面倒な人でしたら、さっさと別れてしまうに限るのです。

信じなくて良いですけど恋人が面倒な人だと気が付いたら、出来るだけ早く別れる必要がありまして、何と言いますか面倒な奴と付き合っている期間が長ければ長いほど、合わせる人になってしまうといいますか、体質が変わってしまうのです。

ですから面倒な恋人と年々も付き合っていて、やっと別れて良かったと思っても次に出来た恋人も面倒な人みたいな感じに本当になってしまうのです。

で面倒くさい恋愛だと感じたら、変にウジウジしないでさっさと別れてしまうことです。

で今度こそ素敵な恋人をと直ぐに恋活に一生懸命になるよりも、先に自分のメンタル面を変えたほうが良いと思います。

これは何度も書いていることですけど、引き寄せの法則と言いますか類は友を呼ぶと言いますか、割れ鍋に綴じ蓋と言いますか自分の体質を変えないと、何度でも面倒な恋人ばかりが出てきてしまうんですね。

あと何年も恋人がいない自分にやっと待望の恋人が出来たなんて人の場合は、面倒な相手であっても折角出来たんだし、この人を逃してしまうと次は難しいなんて考えてしまうのですけど、そもそもその考え方が大きな間違いでは無いでしょうか?

変な喩えをしますとクジを引いて最初に出たクジが外れだった場合に、この恋愛クジは何度でも好きなだけ引いて良いんですけど、そのルールを知らない人も多いのです。

だからね面倒な恋愛だと感じたら、その人は他人に譲ることにしまして、次のクジを引けば良いのです