コーチのジレンマ

ひとつの矛盾みたいなもの

普通に考えて別に誰かに指導してもらわなくても当たり前に彼氏や彼女が出来て、色々経験しながら成長してやがて縁があれば結婚するのが普通の流れですよね?

そのジレンマというか矛盾みたいなものの正体というのは、依存する状態にしてはいけないと言う事です。

昔から言われているように自分の頭というのは帽子をかぶる為に付いているのではなくて、考えるために存在するわけですよね。

経験者にアドバイスを貰うとか、ほんの少し背中を押して貰う程度なら良いと思うのですよ。

しかしこれがですね、コーチに言われたから行動するからスタートしていつの間にかコートのアドバイスがないと挑戦できない状態になってしまったらまずいわけですよ。

まぁ悪徳コーチに徹して金儲けに専念するのでしたら、捕まえたお客は一生離さないみたいな感じで、ひたすらコーチである自分に依存するように仕向ければ良いのですけど、あいにくそーゆー事を出来る能力を持ち合わせていないので、コーチを受けてくれた方が、最終的には他の人を助ける事が出来るようになる状態を目指しているのです。

ですからコーチを受けて頂く最初の段階で、コーチに依存する方向というのは目指すのが正反対ですよ! 恋愛に本を読んだりして情報を集めたり友達にアドバイスをもらう位に軽く考えないと、いけませんからねって言っています。

何処の恋愛とか婚活コーチも輝く自分とかブレない自分に自信を持つ状態にと謳っていますから、お分かりのようにコーチに依存するというのは真逆ですよね?

理想のコーチングについて

実際のところコーチ期間終了後も友人としてお付き合いさせて頂いている方も多いですし、新しいお客様を紹介頂く場合も少なくないのですけど、理想はコーチを受ける回数が増えれば増えるほど、一人で行動できるようになる事です。

あの、セミナーマニアとでも表現すれば良いのでしょうか、やたらとセミナーとか講演会の類に顔を出して知識の蓄積が大好きな人っていらっしゃるじゃないですか?

貯めこむだけなのかよく理解出来ないところもあるのですけど、インプットとアウトプットはバランスよくしないと上手くいかないのですよね。

相談できる相手は居たほうが良い人生を送れるのは確かです。

もちろん相談相手は選ばなくてはいけませんし、変な教祖みたいなものに完全依存してしまうと人生台無しになってしまいます。

カリスマ的な雰囲気とか押し出しが強い人ですとか、そーゆー人のほうがコーチとしてお客集めは楽なのかもしれませんけど、個人的な考えとしてはもっと緩い形のコーチングが最終的に幸せになれる確率が非常に高いと思うのです。

このページのAI朗読(字幕付き)