純愛願望と結婚障壁

純愛対象を探す

一般的に恋愛経験が少ない人ほど純愛に憧れる人が多いと言われています。

気持ちは十分理解できますし、理想の恋愛というのは純愛であるべきだという考えも正しいと思います。

ただしですね過ぎたるは及ばざるが如しという言葉を時々思い出す必要が有ると思うのですよ。

最近は恋のもつれから恋愛対象の相手をストーカー行為するに始まって、無理心中を図るですとか、そういった行動に移さないで恋煩いで塞ぎこんでしまうとか、なんというか純粋というのは一般的に良い事だと思われる方が多いのですけど、宗教でも何でも純粋過ぎるのは身を滅ぼす場合が少なく無いのです。

恋愛の目的について再度考える

色々な考え方は有りますけど、基本的にはより豊かな人生を過ごすためですとか、異性との付き合いによって自分にない感性を学んでお互いに成長するということです。

このお互いに成長するというのが味噌なので有りまして、つまりお互いがまだ未熟な状態がスタートなのです。

で純愛願望が強い方ほど相手をどんどん美化して考えてしまって、心の中で肥大化させてしまう傾向があるようですし、純愛願望が強すぎる人というのは相手は危険を感じて引いてしまうことが多いのです。

ですから純愛願望というのはかえって結婚障害の原因になってしまう場合が多いのです。

まぁストーカー行為に走ってしまうような男性というのは、純愛願望が人並み以上に高いようですし、それってのはその手のオーラが自然と出てきてしまうもので、それに気がついた女性というのは間違いなく避けるようになるのです。

結果としての純愛

実は純愛が存在するのは恋愛初期段階から一年未満にのみ存在して、月日が経過するうちに、自然と消えていくというのが一般的です。

これはたぶんすべての人が知っていることなのですけど、何故か理解出来ていないのです。

そりゃ純愛突入中なんて頭に血が登っている人には何も見えなくなっていますから仕方がない事ですけど、そこで少しだけ冷静になるのはとても大切なことだと思います。

このページのAI朗読(字幕付き)