婚約指輪・結婚指輪は無駄?

なんだか年々婚約指輪ですとか結婚指輪の価値が落ちてきたような気がしませんか?

婚約にしても結婚にしても指輪は契りを交わした事を他の人に伝える意味で有ったり、一定の財力がある事の証明だったり、万が一経済的に困ることになっても資産として結婚指輪があって何かの時に質草にするとか、幾種類もの意味や役割が指輪にはかつてあったのです。

ところが昨今は別に結婚も婚約もしていなくても若いころから指輪をしているのが当たり前になっていますから、婚約や結婚している事を周囲に知らせるという意味もなくなっていますし、財力を見せるという意味においても精巧なイミテーションが安く作れるようになっていますし、そもそもダイヤモンドって石は割とありふれた石ころなのだそうですから、ありがたがっているのも変な話ですし、いまどきの質屋さんでは金(ゴールド)は質草になりますが、ダイヤモンドの結婚指輪は質草にはなりにくいのです。

婚約指輪は三か月分の給料

というやつを私が子供の頃にさんざんテレビで流していましたので刷り込まれてしまった方も少なくないのではないかと思いますけど、あれは指輪を売る側の願望を流しているだけなので有りまして、結婚したら色々物入りなのですし子供が出来たら共働きも暫くできなくなって経済的に大変なのですから、下手な婚約指輪など無理して購入する必要はないと思います。

愛の証が指輪なの?

西洋式の結婚式では指輪の交換が行われている事はご存知かと思いますが、別に教義に指輪の交換をするように書いてあるわけでもありませんし、昔々から指輪の交換を結婚式で行ってきた西洋人ならいざ知らず、初詣に神社に出かけて墓参りにお寺に行く方でしたら、愛の証は指輪である必要はないと思うのです。(資産価値だけでいえばゴールドですからね)

結婚指輪は男性の見栄?

よくですね妻に指輪の一つも買ってあげられない男性というのは甲斐性が無い男といいう事になっておりますが、男性といたしましては結婚相手にもそうですし実家への見栄もあって背伸びして無理して高価な結婚指輪を購入してしまう事例が昔から後を絶たないのが現実なのです。

箪笥の肥やしになるとか、指輪よりも有意義なお金の使い方があると心の中で思っていても、男性から女性にはなかなか言い出しにくいものなのです。

ですからもしこのコラムをお読みの貴方が女性で、結婚を控えている状態でまだ指輪を貰っていないとしましたら、結婚相手の男性に対して指輪の辞退を申し出るというのも賢い選択かと思いますが、言い方に気を付けませんと婚約破棄と間違われてしまいますから、その辺りは十分に注意しましょうね。

このページのAI朗読(字幕付き)