バーチャル恋愛コーチング連載中

低収入と結婚の障害(年収400万円の壁)

結婚難民問題は経済問題

20難前と比べて女性が結婚相手に望む事の中で収入に関する事を重要要件にする人が増えていると感じます。

これは長くデフレ経済が続いて右肩上がりに給料(年収)が増加していくという、当たり前のことが崩壊してきてしまったからでしょう。

将来の年収アップが不確実なのですから、今現在の収入を重視するという気持ちは理解できます。

年収400万円の壁

結婚相談所で自分のプロフィールの年収欄に390万円と書いてある場合と年収400万円と書いてある場合と年間で10万円の違いですし、手取り年収にすれば誤差の範囲のようなものなのですが、年収400万円の壁というのは、それなりに高いようですね。

年収300万円では結婚相手を探せない?

私が結婚適齢期だった今から30年前というのは、結婚年齢が今よりも低かったというのも有りますし、まともな就職が誰でも出来て正社員として働いていれば自然と年収が増えていく事が当たり前の時代でしたから、二十代の若者が年収200万円台で結婚して貧しい新婚生活を送るというのは当たり前の時代でも有りました。

結婚当時は低収入でも毎年昇給してやがてマイホームを購入する人が多かった良い時代でも有りました。

では今の時代(2015年)において年収300万円台やそれ以下の収入では結婚できないのでしょうか?

確かに年収500万円以上の人に比べたら不利な面も大きいことは間違いありませんが、ここで低収入の人ほど自分の考え方が大切になってくるのです。

今の自分が一年後も同じままの自分と考えるほうがおかしいのです。

詳しくはホメオスタシスとメンタルブロックに書きましたが、結婚相手を探すにしても仕事で多くの収入を得るのも、今の自分は成長が止まってしまっていると思っていると、貴方が思っているとおりに一年後も十年後も低収入のままで、年齢が上がってくるに従って結婚相手の希望における収入へのハードルが上がってきますから、結婚もできなくて今のままの独身貧乏男が一人いるという状態が出来てしまいます。

自分がこんな低収入で彼女の一人もいないのは絶対におかしい、一年後には年収100万円アップさせて彼女を作って結婚する!自分には出来る!何故ならば毎日成長しているからだ!と心から信じないと、年収アップへの行動も結婚相手を見つける行動も出来ないから、今の現状はどんなものでも先に心の状態をプラスに持っていかないといけないのです。

婚活コーチングがいつの間にか収入アップのコーチングになった話

某アパレル小売店で働くAさんの話です。

もうすぐ30歳に手が届く青年なのですが手取り給料は20万円弱、ボーナスは30万円ほどで年収は300万円代後半で結婚はしたいけど、共働き前提でないと結婚できてもその後の生活は苦しいものになるという状態でした。

結局彼は転職を決意して仕事を続けながら転職活動三ヶ月で収入の高い職場に転職する事に成功して、結婚相手探しのことを忘れて転職先で一生懸命働いていたら彼女が出来て交際中との事です。

私もサラリーマン時代は営業所長など管理職を長くやっていて採用面接を何十回もしてきましたから、婚活コーチングのはずが気が付いたら転職コーチングになってしまっていたという事も有りました。

高い収入を目指して一生懸命働く男に女性は惹かれる

これは絶対に間違いないです。

ですから低収入で結婚できないとか諦めてしまったいる方は、結婚願望のほうは潜在意識に預けておいて、年収アップを目指すというのも一つの婚活の方法なのかもしれません。

このページのAI朗読(字幕付き)