見た目(外見)が変わると性格も変わる法則

男の顔は履歴書で女の顔は請求書なんて古代から伝わる言い伝えがありますが、だいたい顔を見ればある程度どんな人であるか分かる(わかったつもり)という位に、顔というか表情はその人の内面を表しますよね?

手相は信じないけど人相見は信じるって人も少なくないようですし・・あれ?昔は縁日とか繁華街とかで人相見の先生をよく見かけたものですが、手相を見る人はいまだに目にしますけど人相見をやる人はすっかり見かけなくなってしまいましたよね?

話を戻しますけ女性に限って言えば優しそうな顔をしている女性は少なくとも男性には優しい人である可能性が92%以上ありますから、人相というのは科学的に立証されている現象なのでは無いでしょうか?

つまり人は見た目で判断されるというのは、長い長い人生の歴史の積み重ねから経験値として人の本能に組み込まれていると言えるでしょう。

先に顔を変えてしまうとどうなるか

内面が顔や表情に反映してくることは間違いない事実ですが、では先に顔の造作を変えてしまったら内面はどうなるかについて考えてみたいと思います。

外見だけ変えても内面は一緒?

という意見も多いと思いますが実際は性格まで大きく変わってくるのが実際では無いでしょうか?

例えとしては人は制服を着るとその制服に似合った性格になるって実験結果(スタンフォード監獄実験について)も有りましたし、個人的にも明るい服を着て気持ちまで少し明るくなったなんて経験は無いでしょうか?

つまり先に外見(顔)を変えてしまう事によって内面(気持ち)に変化が生じるという事は紛れもない事実なので有ります。

彼女が出来ない性格、彼氏が出来ない性格

何となく冷たそうで後が掛けにくいとか、我が強そうに見えるとか顔から見て性格がきつそうだから男性が声をかけるのをためらってしまうとか、そういった彼氏が出来ない要因の最大の事はやっぱり姿形なのですから、どうせ?付き合ってみない限り内面なんてわからないのですし、外見を変えると心までそれに引っ張られる形で変化するのも事実なのですから、チャレンジしてみても損はないと思いますよ。

日本には姿から入って心へという格言も有るりますが、実際には彼氏が出来ない外見をしているから、心まで(性格まで)彼氏が出来ない性格になってきてしまっているのでして、いつの間にか内面と外見が一致しているというところだと思います。

ですから彼氏が出来る性格(体質)になるために先に外見を変えてしまうのは正解だと思いますし、内面だけ変えたとしても特に初対面の相手には絶対に伝わらないのですから、そちらを先に重点的に改善するというのは間違っていないと思います。

それは大掛かりなことをしなくても明るいアクセサリーを一つ身につけただけで第一印象が大きく変わってきたりするものなのです。

このページのAI朗読(字幕付き)