人は見た目で判断される(美容整形は人生を変える方法)

残念ながら、人は見た目で判断されるというのは歴然たる事実だという事に異論はないですよね?

それに強面の人はやっぱりコワイ人である確率が非常に高いですし、俗にいういい人というのは善人顔をしていますよね?

ですから七福神の顔もそうですし浮世絵でも美人画が人気を博したわけですし、男は顔じゃないと言っても、実際には男は顔であるというのが今の日本ではないでしょうか?

特に子供番組についての感想ですけど、正義の側に所属している女の子ですとか、主人公側とかセーラームーンもプリキュアもとにかく美女や美少女以外のキャラクター設定はありえないわけで、相対する敵役は多くの場合メイクによってとか、アニメの場合でもそれなりに幼稚園児が見ても正義の側じゃないって顔にしていますよね?

ですからもう幼児教育の段階で人は顔や見かけで判断するもので、美人は正義(顔と性格)というのが完璧に埋め込まれて居るのですから、それを覆すという事は少なくとも今世紀中は無理なのです。

ちなみに映画”美女と野獣”にしても魔法がかけられる前の王子様はかなりのハンサム美男子になっているわけで、これが魔法が解けたらガッツ石松が出てきましたという事になれば映画が成立しなくなってしまうわけです。

これらの事が間違っていると証明できる人はたぶんだれも居ないです。

化粧とメイクと美容整形について

化粧やメイクの場合は自分お顔の上に別の顔を作るという高等技術なのでありまして、達人級になってしまいましたら、余程造作が酷いことになっていない限りは、異性をあっさり引き付ける顔に変身させられる事になるのですけど、その場合は毎日相当の時間をメイクの時間に費やすことになってしまいますから、メイクに1時間かけると1年間で356時間も消費するのですから、結構苦労する事になりますよね?

それにメイクもやはり技術が必要ですし、余り器用な人でなかったら綺麗に仕上がりませんし、元(素顔)が厳しいと仕上げが大変なので、時間もかかるので適当になってしまうのではないでしょうか?

実際、元々美人な人や美男子や実際にそうでなくても自分の顔に自信を持っている人ほど、顔の手入れに時間と手間をかけているのですけど、本当は顔に自信がなかったりイマイチな人のほうが手間と時間をかけるべきなのですけど実際には逆なんですよね?

整形美人に問題なし

はい綺麗な人が増える事で困る人なんて、貴女のライバルくらいしか居ないのですから、実施施術することには何の問題も無いです。

美容整形に健康保険は使えない

健康保険は目的が健康じゃない状態の救済ですから、いくら顔に自信がなくて不利益を受けていると言っても利用できないので、それなりの金額になってしまうことが痛いところですよね?

少し目元を修正するだけでも5万円は最低かかってしまいますし、大掛かりな手直しや修正が必要な場合は30万円から100万円を超える事も珍しくないわけですから、ここでも結婚とお金の力が関係してきてしまうわけです。

美容整形における損得勘定

美人とか美男子のほうが行きていくのに得する事が多いのが歴然とした事実であっても、それを金額換算すると幾らになるのかが計測できないので、美容整形に限らずメイクや化粧にかける費用について簡単に答えが出せないのが実態です。

ですのでその辺りは個別に熟考していただくしか無いのです。

このページのAI朗読(字幕付き)