独身貴族と結婚難民の違い(結婚難民対策と脱出)

ふと気が付いたのですが自分の身の回りとか知っている三十歳以上の男性で結婚していない独身者が過半数を超えていて三十台に限定いたしますと実に72%が独身男性なのでありまして、なんとも恐ろしい現実が静かに進行していて今では身の回りに見える状態まで進んできているようですね。

そういえばほんの2~30年前の結婚に関する風潮と現在はほんとうに変わりましたね。

まずいまでは死語とは言わないまでも絶滅危惧種に指定されている独身貴族って言葉が普通に使われておりまして、結婚適齢期を過ぎても独身生活を楽しんでいる人の事を揶揄して独身貴族と言ったものですが、いつの間にか貴族が没落いたしまして平民ならましだったんですけど難民になっちゃったんですよね。

一応は結婚難民と独身貴族の違いは定義されていてまして、独身貴族とはその気になればいつでも伴侶を見つけて結婚できるけれど、個人の生活や遊びを優先させたいので自分の意思で独身生活を続けている人の事です。

もちろん結婚難民とは結婚したくても相手がいないし、その可能性も低い人と天と地ほどの現実での違いが有りまして、その意味からいっても今の日本でも相当数の独身貴族が日本各地で生活しているに違いないのですけど、まぁ本人は独身貴族のつもりでも傍からは難民認定されちゃっているって場合も多いと思いますけどね。

しっかしまだ結婚難民って言葉が生まれていない時代は男性サラリーマンでしたらある一定の役職への昇進するときに、明らかに独身者は不利な扱いを受けている時代があって、三十歳を過ぎても独身のままでいると、あいつはどこか人間的に欠陥があるんじゃないかとか、やっぱり独身者は守るべきものが無いから責任感が希薄だから、やっぱり信用できる妻帯者を優遇しましょうとなっていましたね。

ここだけ聞くと本人の能力と無関係に独身か妻帯者かといった理由で昇給や昇格を差別しちゃいけないといった意見が出てきますけど、そんな時代では独身の部下のことを心配した上司が自分の伝で相手を探してきたり、親戚筋だとか近所の有力者が結婚相手をどこからとも無く探してきてくれたいわば適齢期になると社会全体が無料の結婚斡旋所になってくれるみたいな実に良い時代だったんですよね。

まぁいまや非正規社員労働者が全体の過半数の多数派を占めてしまいましたから、独身だから昇給や昇格に影響するなんて事も少なくなってしまいまして、もちろん非正規社員がゆえに年収が低いなんてのも結婚難民を大量生産する要因になっていますが、これって自民党の進めてきた政治の結果でもありますよね。

つまり規制緩和で労働者の非正規化を進めて、本人の能力以外で昇給や昇格を差別しちゃいけないって言い出して、気が付いてみれば今のこの惨状ではないでしょうか?

結婚難民対策と脱出

今回のコラムは少々政治的な事も絡めて書こうと思いますが、少子化対策大臣ってのが存在致しますが、はっきり言って結婚難民対策を行ったほうが余程、少子化対策になりますすし、お父さんになった男性は働く意欲も倍増しますし、お母さんになった女性も強く逞しくなるので有りまして、一石何鳥にもなると思うのですが、どーして結婚難民対策をしないで少子化対策が出来るのか不思議で仕方が無いので有りますね?

だって、結婚して男と女が一つ屋根の下に暮らしていれば、大概の場合と言いますか子供が出来る可能性は飛躍的に高まるのでありまして、確かに最近では未婚の母とか有りますけど、やはり既婚者が増える事すなわち、少子化の解消って事になると言いますか、それから次に働く女性支援ですとか、子育て支援とか現在考えられているような少子化対策が必要になるような気がしませんか?

※もっとも自民党の議員先生が考える事ですから、女性を子供を産む機械に例えちゃう位ですから、根本的な事を分かって居ないのですよね?

でね、私の思うには結婚難民対策としては次の三つで、収入、出会いの機会、異性と接した場合のマナー講座の三つでは無いでしょうかね?

一つ目の収入に関してはとても大変な改革を必要が有るように感じていまうかもしれませんが、今のフリーターや派遣社員の収入であっても最低限の衣食住が確保出来る社会保障の問題だと思いますし、そもそも日本国民は憲法によって健康で文化的な生活を送る権利を保障されている訳ですから、これをちゃんと実現すれば良いのでは無いでしょうか?

2つめは出会いの機会ですが、まあ職場も成果主義の推進などで、中々結婚相手を探す所ではなくなって居ますし、近所のお節介なおじさんや、おばさんもいつの間にか絶滅の危機に瀕しているようで、当然職場にも結婚相手やお見合いを斡旋するようなお節介な上司は減っていますからね?

となると何らかの出会いの機会を誰かが作りませんと、出会いのないまま年を重ねて行きますので結婚できる訳がないのです。

最後に異性に接した時のマナーと言いますか、根本的に男性と女性では考え方や物のとらえ方が違うようで、その辺りを理解していないと酷い目に遭いますね・・。

とまあそーゆー感じで結婚難民対策に着手致しましたら、翌年位にはミニベビーブーム位はおきまして少子化対策は不要になると思うのですがね?
(産婦人科の医師不足などが更に深刻化すると思いますがね)

どうも私には、結婚難民対策に目をつむって少子化対策に力を入れるのが全く理解できないので有ります。

隠れ結婚難民って表現が果たして良いのかどうか分かりませんが、基本的な結婚難民の定義は結婚する意思があり結婚を望んでいるにも関わらず、結婚してくれる相手が見つからない状態の人を指しますね。

勿論、首から結婚難民を表す緑色のプレートを下げて町を徘徊する人は今のところ一人もいないのですが、何と言いますか自分は結婚できないのではなくて、結婚したくないから自らの意志で結婚しないんだって公言してしまう、けど実際のところ内心では結婚したくてしたくて仕方が無く、自宅に帰ってインターネットで結婚難民から脱出する方法なんてのを調べ回っている人も中には居るのではないでしょうか?

まあ日常生活で目から結婚したい光線を発射されたり、二言目には誰かいい人いない?って感じで結婚難民丸出しの状態では周りの人が引いてしまって、ますます伴侶に巡り会うチャンスが遠のいて地平線の彼方に行ってしまいますが、隠れ結婚難民の状態であっても、やっぱり出会いのチャンスは銀河の彼方に飛び去ってしまうのでは無いでしょうかね?

※銀河の彼方と地平線の彼方ではどう考えても地平線のほうが一生懸命追いかければ追いつく可能性が有りますが、銀河の彼方になってしまいますと現在の地球の科学力では追いつく事が不可能のようですから、単に結婚難民よりも隠れ結婚難民のほうが伴侶に巡り会えるチャンスが少ないって事になるのでは無いでしょうか?

でね結婚しない(出来ない)息子を持った両親は(一人息子なら尚更)何時までも独身で居る息子を見てヤキモキしたり、何時になったら孫の顔を見せてくれるのかって遠回し?に言ってみたりすると思いますが、まだ普通の?結婚難民であれば親戚一同に火急のお知らせを出したり、結婚相談所の門を叩いたり、近所の神社で伴侶が現れますように祈願して貰ったりお百度を踏んだりと、様々な援護が出来るのですが隠れ結婚難民の場合は、更にハードルが高くなってしまいまして両親も下手に親戚にお願いしても、お見合いの席に出席する事を拒まれたら洒落になりませんので、打てる手が限られてきてしまうのですよね?

隠れ結婚難民の状態ってのは本人の見栄やプライドがそうさせているのだと思いますが、本人にも家族にも良い事は一つもない事は私は断言出来るのでありまして、途中から白状するってのは難しいと思いますが、少なくとも最初から結婚難民にはならないほうがよいのではないでしょうかね?

学歴と結婚難民の関係

今回のコラムでは学歴と結婚難民の関係に付いて思うところを書く予定ですが、真っ先に結論を書いてしまいますと、現在の日本は確かに学歴社会だと言われていますが、学歴が低いからって理由で結婚できないってのは理由にならないと思いますし、高卒はもとより中卒だって結婚して立派にお父さん、お母さんになっている人は掃いて捨てるほど存在しますし、収入などで多少のハンデキャップが有ったとしても、結婚が出来る出来無いを完全に決定してしまう要素ではないと思いますね。

私の予想では遠くない将来、学歴社会は崩壊します、ただ学歴社会が崩壊して社会の二極化が一層進むと見ていますが、甘く考えないで頂きたいのは中流社会が無くなって一握りの富裕層とその他大勢の貧民層になるって意味ですからね。

まあ恐ろしいほど社会の二極化が進んでいますから、少し油断するとフリーターや派遣社員などの不安定な収入階層に定着していまいまして、これが女性ならまだしも男性の場合ですと、どーしても収入が一定のレベルを超えていないと、嫁に来てくれる人が居ないって事になってしまいますので、学歴が低いほど不利になる面が有る事は否めないとは思いますが、そんな事を言っていても何も始まらないので有りますからね。

一般的に言われている事は女性も大学に行くようになってきて大卒の女性の中には自分より学歴の低い男性と結婚したくないって考える人が少なくないって事ですが、学歴は人間の価値とは関係ないと言ってもそーゆー女性には通じない訳ですから相手をするだけ無駄でして、仕事で頑張るなり独立して社長なってしまうなり方法は幾らでも有ると思いますね。

※独立する年齢を別としまして独立して社長になるって事は学歴は一切関係のない領域に入ってくるのでありまして試されるのは能力と努力と運だけなのであります、独立して自分が経営者になってしまったら学歴がどうこう言っている暇は一秒だって無いので有りまして、そんな環境で仕事に打ち込んでいる人は学歴と結婚難民の関係は薄いって言い切ると思いますけどね。

追伸
個人的な話を書きますと私も高卒で30代前半で独立開業致しまして無事結婚もして子供は既に独立していますが、高卒のハンデキャップを感じた事は、未だかつて一回も無いのです。
ただ、私の若い頃と現代を比べますと状況はかなり違ってきているとは思いますが、そんな事を言っていても社会は全然変わらないので有りまして、せいぜい世の中を変えるとすれば、自民党以外の政権に一票投じるしか無いので有りますね?

親離れと結婚難民

運悪く?結婚難民となったしまった方は人それぞれで経済的に結婚出来ない様な場合も有るでしょうし、仕事が忙しくて全く異性に出会う機会がないまま年齢を重ねてしまった人もいらしゃるでしょうし、単に異性に興味が無くて結婚する気がないので周辺が何と言おうと自分が結婚難民だと思っていない人だって沢山いらっしゃると思いますが、今回は親離れって事を絡めて書いてみようと思います。

さて人によっては親離れ出来無い大人が増えたのと晩婚化が進んだことと結婚難民が増えたことと離婚する原因を結びつけて考える人がいらっしゃるようですけど、完全に肯定出来無いまでも否定もまた難しいってのが正直なところです。

確かに親離れ出来なくて傍から言わせるとマザーコンプレックス(マザコン)とかファザーコンプレックス(ファザコン)な人は、どうしても結婚相手に求めることが結婚相手と言うよりも、両親に近いものを求めてしまうような気がするのでありますが、そんな理想を追い求めても簡単に相手が見つかるわけはないですし多分結婚相談所の相談員にマザコンから脱却するようにアドバイスを受けるのではないかなって思いますね。

まぁ想像ですがマザコンの男性が女性よりも多いのではないかなって思っているのですけど、何でも結婚相談所に母親を連れてくる男性もいるそうですし、親が息子本人に変わって婚活に精を出している事だって珍しくもないって事らしいのですけど、そんな事をやっているよりもマザコンを矯正してしまったほうが結婚難民脱出の近道だと思いますけどね。

なにせ基本的には結婚するって事は親元を離れて独立して所帯を持つって事になると思いますし、順番から言いまして子供より先に親のほうがあの世に旅立ってしまうわけですから、親が元気なうちに親離れ子離れしてしまうほうがお互いのためだと思うのですけどね。

ただ最近の経済情勢を考えてみますと、どうもちゃんと正社員として家族を養っていけるだけの職業にありつける人が年々減っているような感じでして、親元から離れて非鳥で生活するのもままならない状況で親離れしたくても経済的にそれが許されないとか、それじゃ仕送りが必要になってしまうってケースも有るそうなのでして、確か昔にどこかで聞いたか見たかの記憶では結婚してからも親に経済的な援助をしてもらっている家庭も少なくないそうなので有りまして、どうにも簡単に親離れって事も言えないケースが多いのかもしれないですよね。

このページのAI朗読(字幕付き)