恋が始まるキッカケを自分で作る方法

今回のコラムは恋煩いにかかってしまった方や片思い状態のまま何の進展もないままに毎日が過ぎていっている貴方、又は全く異性に縁がない毎日で、出会い頭で恋が振ってこないかと淡い願望を持っている人に向けて書いてみたいと思います。

まず貴方に言いたいのは恋がはじまるキッカケは運が半分で残り半分が自分で作り出すという事です。

今の貴方が恋のキッカケが天から舞い降りて来ることを願っているのでしたら、そんな貴方に向こうから突然恋のキッカケが目の前に出てくる可能性は非常に低いことは間違いないのです。

自らキッカケを作る方法は幾らでも有るのです。

取引先との社外恋愛

既に意中の人が身の回りに居る人ですとか片思いの相手がいる場合

この場合は事前調査をする事も可能です、何故ならば身近に片思いの人が存在する場合に失敗するとその後の日常生活に支障が出る可能性がありますので事前調査をしたほうが良い時も多いと思います。

挨拶の反応である程度分かる?

ある程度は分かります、ですが笑顔で挨拶を返してくれたと言っても単純に嫌われていないというだけで別に好意を持っているとは限らないですから勘違いだけはしないようにしましょうね?

犬も歩けば棒に当たる

逆から考えれば行動しないと箸にも棒にもかからないという事ですから、口を開けて待っていても恋のキッカケは勝手に飛び込んでは来ないのです。

第一印象で確立は大きく変化します

人は社会生活を営んでいるのですから、どこでどう他人が繋がっているか分かりませんし、基本的には全ての人に対する印象を良くしておく必要がありますから、自分にあった髪型とか笑顔とか服装とか最初はとにかく外見とか外から見た自分の印象に気を配らないと駄目なのです。

一本釣りより投網が高確率

職場の男性にしても喫茶店の女性店員にしても意中の人にターゲットを絞って一本釣りをする前に投網的にアプローチしたほうが良いです。

いきなり意中の人に高価なプレゼントしたり告白するより、周辺のみんなと仲良くするとかお土産を配るとかまず周辺を固めたほうが良い結果が出ます。

商売では一人のお客さんの後ろには50人の見えない潜在顧客が隠れていると言われますが、一人の女性の後ろにも同じように、何十人かの友達とか知り合いが隠れているという事なのです。

それが分からない人が運命の出会いみたいな自分にピッタリの恋人が現れると勝手に妄想いたしまして、そのキッカケを待っていたりしますけど宝くじに当たる位の確立のLuckyを待っているからいつまで経っても彼氏も彼女も出来ないのだと思います。

投網も投げられない人

全然女性(男性)に縁のない職場と自宅を往復しているだけな状態で、幅広くアピールも出来ない環境の人もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな場合はまず身なりを整えて人が集まるサークルなり出かけていくべきですし、アラフォーだとしたら、結婚相談所に早めに相談するなりコーチングに申し込むなり、まず自ら行動を起こすべきだと思います。

そうやっている間にも年齢はどんどん上がっていってしまうのですからね。

このページのAI朗読(字幕付き)