恋が始まるキッカケを自分で作る方法・交際(結婚)のきっかけ作り

今回のコラムは恋煩いにかかってしまった方や片思い状態のまま何の進展もないままに毎日が過ぎていっている貴方、又は全く異性に縁がない毎日で、出会い頭で恋が振ってこないかと淡い願望を持っている人に向けて書いてみたいと思います。

まず貴方に言いたいのは恋がはじまるキッカケは運が半分で残り半分が自分で作り出すという事です。

今の貴方が恋のキッカケが天から舞い降りて来ることを願っているのでしたら、そんな貴方に向こうから突然恋のキッカケが目の前に出てくる可能性は非常に低いことは間違いないのです。

自らキッカケを作る方法は幾らでも有るのです。

取引先との社外恋愛

既に意中の人が身の回りに居る人ですとか片思いの相手がいる場合

この場合は事前調査をする事も可能です、何故ならば身近に片思いの人が存在する場合に失敗するとその後の日常生活に支障が出る可能性がありますので事前調査をしたほうが良い時も多いと思います。

挨拶の反応である程度分かる?

ある程度は分かります、ですが笑顔で挨拶を返してくれたと言っても単純に嫌われていないというだけで別に好意を持っているとは限らないですから勘違いだけはしないようにしましょうね?

犬も歩けば棒に当たる

逆から考えれば行動しないと箸にも棒にもかからないという事ですから、口を開けて待っていても恋のキッカケは勝手に飛び込んでは来ないのです。

第一印象で確立は大きく変化します

人は社会生活を営んでいるのですから、どこでどう他人が繋がっているか分かりませんし、基本的には全ての人に対する印象を良くしておく必要がありますから、自分にあった髪型とか笑顔とか服装とか最初はとにかく外見とか外から見た自分の印象に気を配らないと駄目なのです。

一本釣りより投網が高確率

職場の男性にしても喫茶店の女性店員にしても意中の人にターゲットを絞って一本釣りをする前に投網的にアプローチしたほうが良いです。

いきなり意中の人に高価なプレゼントしたり告白するより、周辺のみんなと仲良くするとかお土産を配るとかまず周辺を固めたほうが良い結果が出ます。

商売では一人のお客さんの後ろには50人の見えない潜在顧客が隠れていると言われますが、一人の女性の後ろにも同じように、何十人かの友達とか知り合いが隠れているという事なのです。

それが分からない人が運命の出会いみたいな自分にピッタリの恋人が現れると勝手に妄想いたしまして、そのキッカケを待っていたりしますけど宝くじに当たる位の確立のLuckyを待っているからいつまで経っても彼氏も彼女も出来ないのだと思います。

投網も投げられない人

全然女性(男性)に縁のない職場と自宅を往復しているだけな状態で、幅広くアピールも出来ない環境の人もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな場合はまず身なりを整えて人が集まるサークルなり出かけていくべきですし、アラフォーだとしたら、結婚相談所に早めに相談するなりコーチングに申し込むなり、まず自ら行動を起こすべきだと思います。

そうやっている間にも年齢はどんどん上がっていってしまうのですからね。

キッカケが作れない・何と声をかけて良いのか分からない

聞く所によるとイタリア男性は女性を見たら先ずは口説くのが一種のマナーと言いますか様式美と言いますか、そういうお国柄なのだそうで日本ではセクハラで一発アウトみたいな事が日常的に展開されているとの事ですが本当なのでしょうか?

さて話題を日本国内の声掛け事情キッカケ作りについて考えて見たいと思いますが好意を抱く女性が出現したのは良いけれど、キッカケは作れないし思い切って声を掛けようにも、なんて声をかけて良いのか分からない・・なんて人は多いですよね?

さて厳しい現実を書いてしまいますと職場の女性ですとか取引先に在籍している気になるあの娘ですとか、身近な女性でしたらいつの日か必ず二人っきりになるチャンスですとか、業務上の必要性が有って打ち合わせするなんてシチュエーションがやってくるチャンスが出てくるわけですけど、毎朝すれ違う素敵な女性や男性ですとか余程のLuckyが無い限りチャンスはやってこない相手という場合も少なくありませんね。

ここで折角サイトに来て頂いた貴方に、とっておきの声かけの方法を伝授したいところですけど、実際にそんな簡単に声掛けできるような方法はありませんし、挙動不審な男性とか貴方の社会的な評価を落とすだけだと思いますので、もっと楽な方向に目を向けたほうが良い場合が多いと思うのです。

例えば旅に出るという恋人作りの方法があります。

旅の恥はかき捨てとはよく言ったもの
手っ取り早く結婚相談所に入会するとかお見合いパーティーに参加するとか合コンに参加するとかその気があれば彼女を作る方法は幾種類も有るのですけど、その手の場所に参加するのも気が引けるという事であれば旅行に出てみるという手もあります。

一部の観光を売りにしている島では彼女が欲しい男性や彼氏募集中の女性が遊びにくる島として有名ですが、始めていく遠く離れた観光地なら思い切って女性に声をかける事が出来る男性も多いですよね?

まぁ「ねぇどっから来たの?」とか「どちらからいらっしゃいました?」みたいな声かけから、古典的ナンパの彼女~お茶しない・・・とか

ここまでお読み頂いて如何ですか? 貴方には無理じゃないですか?
実際のところ知らない観光地に出かけたから女性に声をかけて彼女に出来るくらいなら、今頃5人位の女友達が居てもおかしくないんですね。

ですから堅実な方法はいくらでもあるのですから少し冷静になって、確実な婚活とか恋活の未知を検討したほうが良いと思いませんか?

手堅い彼女を作る方法は意外とたくさん有って貴方がそれを実行していないだけって場合が多いような気がするのです。

世の中の半分が女性で残り半分が男性で募集中の人は沢山いるのですから、冷静になれば色々見えて来ると思いますよ。

特にね片思いの誰かさんの事ばかり考えてはいるものの、何の行動も起こせないまま毎日が過ぎている状況でしたら、一旦自分の気持をリセットしてみたら良い方法が必ず見つかると思うのです。

交際(結婚)のきっかけ作り

今回のコラムのテーマは”きっかけ”について考えてみようと思いますが、出会いのきっかけから、ゴールイン(本当はスタートですから)何らかの結婚に至るきっかけが必要だと思いますが、世の中の結婚難民とか結婚願望が強い方の多くが”きっかけ”が無い!! 何かきっかけがあればって事である人は結婚相談所に出かけ、ある人は村役場主催のお見合いパーティーに出かけ、またある人はサークルに加入して、何もアクションを起こさない人は、自室で静かに年齢を重ねていくって事になるのでしょうか?

でね、確か中島らもさんの著作だったと思いますが(間違っている可能性も若干有ります)、幸福の女神ってのは黙って口を開けて待っていても絶対に向こうからやってこない存在で、全力で追いかけ回しても捕まえられない場合も多いって事らしく、結婚のきっかけに関しても自ら積極的にアクションを起こさないと、自然に出会いがやってきて結婚のきっかけができるって可能性は、宝くじに当たるか民主党の衆議院議員河村たかし氏が総理大臣になる可能性位しか無いと思っていたほうが良いのでは無いでしょうか?

※何でここで河村たかし氏が出てきたのか自分でもよく分からないのですが、可能性が非常に低い事を分かり易く表すには、川村たかし氏が総理大臣になる可能性が分かり易いと思ったからです。

さて本題の結婚のきっかけ作りですが、お金があって時間的余裕がない方の場合に一番有効と思われる方法は結婚相談所の利用だと思いますね、それ以外にはやはり結婚相手を探す事を前提とした出会いのパーティなどに積極的に参加することが吉だと思うのでありまして、そーやって積極的に結婚のきっかけ作りに動いていますと、日常生活とか仕事上とか、国技館にミスターマリックの超魔術を見に行った時とかもしかしたら、結婚に繋がるきっかけが発生するのでは無いかなって思いますね。

これはとある結婚相談所の経営者の方から聞いた話ですが、結婚相談所にお金を払ったら後は何とかしてくれるって甘い考えの人は、まず結婚できないのだそうで、まあ馬を川岸にまで連れて行く事は出来ても水を飲むかどうかは馬が喉が渇いているかどうかって事らしく、結婚相談所もあくまできっかけの場を提供しているだけでありまして、なんと言いますか目の前を通り過ぎる幸福の女神に、自分から声をかけないと向こうからは声をかけてくれないって事ですね。

追伸
個人的に思うのは30歳を過ぎますと年を重ねる毎にきっかけに巡り会うチャンスが減ってくるような気がしますね。

このページのAI朗読(字幕付き)