恋人がいないことを忘れる

恋人が出来て不幸になる人も少なくない

念願の恋人が出来た途端に恋人がいなかった時よりも不幸になってしまう人がいます。

仕事中も食事中もとにかく恋人と離れている時の頭の中は恋人の事が気になって気になって、仕事は手に付かないし勝手に心配事の種を心に創りだしてしまって穏やかな心の状態でいられない人は少なく無いですね。

そんな恋人が出来てからの事はさておき、今回の話題は恋人がいない事を忘れるという事についてです。

恋人がいないことを考えるよりも目の前にいる人と楽しい時間を過ごす

客観的に考えるのと自分自身がその立場になっている時の行動は違ってしまうものですが、例題を書いてみます。

恋人募集中のAさんとBさんの二人の女声がいたとします。

Aさんは二枚目の男性に対しては笑顔で接したり一生懸命に自己アピールをしたりしますが、それ以外の人に笑顔を見せたりしませんし、ましてや買い物に行った先の店員には横柄な態度で接してしまったりします。

Bさんは誰にでも明るい笑顔で接しています。

どちらに素敵な恋人が現れるのか確認するまでもないのですが、ここまで極端な例は少ないにしても、理想の相手を見つけることにだけ集中してしまうと、逆に素敵な恋人を引き寄せる力を半減させてしまう場合が有ります。

恋人がいてもいなくても幸せな人が恋人を引き寄せる

頭で理解できても心のほうがついてこない典型のような話になってしまいますが、実際にそうなんですから、恋人探しは潜在意識にお任せして顕在意識は少し恋人探しのことを忘れたほうが良い場合が有ります。

もっと言えば誰が見てもあの人は恋人がいるに違いない位のオーラを発散させたほうが、何故か異性を引き寄せてしまうのですね。

もしそれが無理だとしても次のことを心の片隅に置いておくのが良いと思います。

毎日の生活を楽しむ努力をする

今朝も朝ごはんを食べられて、今こうしてインターネットで私のコラムを読める自分がいる事に幸せを感じられるようになるには、貴方自身の意志の力で出来る事です。

毎日がつまらないとか、恋人がいないから寂しいなんて思っていても現実は変わりませんよね?

変えるためには意志の力と行動しかないのですが、それを邪魔するのが恋人がない現実だったりしてしまいますので、それを忘れようとするというのも恋人探しに有効な場合も多いのです。

このページのAI朗読(字幕付き)