LINEにおける既読スルーへの対応(傾向と対策)

今やすっかり男女交際中の連絡手段の主流になりましたLINEですが、便利と言いますか息苦しいと言いますか既読の機能がありますね。

既読マークが付くことによって相手に伝わったことが把握できるという便利な面がある反面、俗に既読スルーと呼ばれる既読になったから相手は読んでいる事が確実なのだけれど、待てど暮らせど一向に返事が来ないという状況にやきもきしたりイライラしてしまう人もかなり多いのではないでしょうか?

既読スルーになる要因(確率が高い順)

何かの合間で文章は確認したけれど返事を打つ余裕がない

仕事の最中だったり食事中だったり理由は様々ですが、ラインで短い文章なら1,2分で打てると言っても手が離せない時も多いのです。

相手の状況にもよりますが過半数の場合において悪意もなく、単にすぐに打ち返して返信する余裕がなかっただけで、落ち着いたころにはかなり時間が経過してしまっていて、お返事が遅くなるという場合が多いのです。

返事をすべき内用かどうかの判断基準が違う

男女の間で交際している時に考える基準が違うって事をよく理解しておいて損はないと思います。

だれもが自分と同じ考え方で同じ判断基準で行動していると思ったら、それは大間違いなのでありまして、100人いたらそれぞれに個性があるところが恋愛の面白いところなので有りまして、自分だったらすぐに返事を返すと思っても、それは単に貴方の考えと行動基準なのでして彼氏(あるいは彼女)は違う人格なのですからね?

どう返事をしたら良いのか困っていて結局、既読スルーが最善の方法だと判断した。

中にはくだらない相手の時間を無駄にする時間泥棒みたいなメッセージをLINEに送ってくる人もいらっしゃるようで、親密度合いに大きく関係してきますけど、まだ知り合って親しくもなっていないのに、今朝の朝食は何を食べたとか、どーでも良い事を送ってもらっても迷惑なだけかもしれませんし、朝から熱っぽくて咳が・・ってねぇ同情して貰いたいのか心配してほしんのだか、まだ恋人関係に至ってもいない段階でメッセージを貰っても変な内容を送り返すと誤解される恐れもありますし、結局スルーになってしまうわけです。

LINEとかメールが嫌い

男性にも女性にも一定の割合で存在しているようで、一応は社会的なつながりの必要性に迫られてスマホを所有しているけど、文字を打つ事や文章を考えたり読んだりすることが苦手だったり嫌いだったりする人が少なからず存在致します。

そんな人も存在するって事を理解しましょう。

以上の場合に関しては、そんな人も結構存在するんだって事で理解していれば良い話ですが、次の場合は対策まで必要になりますね。

ウザいから無視

仕方がないから事の成り行きでLINEを交換したけど、勘違いしてメッセージを送信されても迷惑だし、絶対に勘違いされたくないし出来れば関わりたくないので絶対に返事しないって場合も3%位あると思います。

けどその気持ちを確かめたかったら確かめても構いませんけどLINEで聞くなんてのは愚の骨頂ではないでしょうか?

わずかに残っていた芽をつぶしてしまうと思います。

じゃどうするかって・・・数日間は間をあけるに決まっているじゃないですか、まぁ我慢できるかどうかを神様が試していると私は考えています。

このページのAI朗読(字幕付き)