本気で自分を変える方法

そう簡単に本気になれれば誰も苦労なんてしない

本気で自分を変えたいと思っている人が渡しのところにコーチングを依頼してくるわけですが、はっきり言いますが自分が本気で自分を変えたいと思って本当に変われる人は数少ないのです。

数少ないと言うよりもよほど大きなキッカケがないとそう簡単に自分の意志だけで変われる人はいないので、あなたも安心して下さいね。

ではあきらめるかと言いますと実は簡単な方法で自分を変えることが出来てしまいますので、今回はその方法をご紹介したいと思います。

かのナポレオンの言葉から引用します。

人はその制服どおりの人間になる。」 ナポレオン・ボナパルト

日本の諺では”馬子にも衣装”というのが有りますが、男性にもてたいとか女性から好意を持たれたいと思ったら、まずは格好から変えるのが一番てっとり早くて確実な方法です。

これは恋愛コーチングに限った話ではなく、経営者の方へコンサルティングする時でも、売れないダメ営業マンをデキる男に変えようとする時でも、方法理論は全く同じなのです。

そんな外見を変えただけで自分を変えられるだなんて信じられない人もいらっしゃるかもしれませんが、そんな方に質問させて頂きます。

あなたは見た目と実態が全然違う人を何人知っていますか?

薄汚れた服を着て歩いている人は生活も同じように荒んだ状態になっていますし、立派な身なりをしている人は相応の毎日を送っていますよね。

誰にも30種類以上の表情筋が備わっています。

着ている服以上に大切なのがあなたの顔の表情です。

例えば自分に自信がない人が貴方だったとします。

そんな人は他人から顔を見たらやっぱりちゃんと顔の表情に出てしまうもので、誰が見てもあの人は自信を持っていない人なんだと分かってしまいます。

しかし、本当は相手の本当の心の状態は本人しか分からない訳で、内心がどのような状態であったとしても、単にその人の顔を見て判断しているに過ぎないわけですから、先に表情を変えてしまいましょうと言うことです。

人の顔には表情筋と呼ばれる筋肉が30種類以上備わっているのですが、普通の人(平均的)で使っているのは30%程度だと言われていますし、自分で意識して表情を作っている人は非常に少なくて、単に心の動きで勝手に表情筋が動いている場合も多いのです。

しかし少し鏡の前で練習するだけで自分の表情など簡単に操ることが出来るようになります。

嘘と誤解に気が付きましょう

人の表情や考えている事は正直に顔に出ると言われていて貴方もそれを信じているのではないかと思いますが、それは誤解です。

本当は心でどんなふうに思っていても表情は全く逆に作ることも出来ます。

そして

後から内面が追い付いてくる

自分を変えたい・・本気でそう思ったら先ずは他人から見える自分のイメージを変えることから始めて下さい。

ここで少し私の話を書かせて下さい。

私も社会に出る前の小学生の頃からコンプレックスを持っていて社会に出てからもそのコンプレックスが小さくなる事は有りませんでした。

また地獄の訓練と言われる管理者養成学校の合宿にも2度参加して、訓練を受けて数週間は自分が違う人間になっていた実感は有りますが、一ヶ月も経過すると元の自分に戻っていました。

だから自分は変われないんだと思っていたのですが、とある人の話を聞いて自分を変えることが出来たのです。

実はこの外見が先で後から内面がついてくるという話を聞いた当時は、半信半疑でそんな簡単に自分は変われないと思っていました。

けど自分も変わりたいという思いも有りましたし、何より厳しい訓練ですとか難しいカウンセリングとか不要で簡単に私にも出来る方法なので試してみる事にしました。

紳士服売り場に行って高級そうに見えるスーツやネクタイを買って、金ピカの腕時計と今までしたこともなかったダイヤの入った指輪をして、毎朝鏡の前でデキる男の表情を練習する事にしました。

現実は驚くほど早く変化した。

効果テキメンという表現がピッタリくるのですが、そうやって自分の内面は放置して取り急ぎ外見的なところだけ改善してみたら、もう翌日から会社内の上司や部下もそうですし、営業先の人の対応まで下手すると180度違ってきました。

そうしますと気が付いたら内面まで外見に見合った状態に追いつくまでさほど時間はかからないもので、一ヶ月後には本気で無くても変わった自分が出来上がっていたのです。