合コン婚活と自己紹介の方法

貴方は相手の自己紹介と時に何を注目していますか?

あなたが変わった人でない限りここに気が付いたら何が大切なのか分かってしまうと思います。

そうです貴方は他人の自己紹介を聞く時に話す言葉の内容だけに100%注意を払っているわけでは無いですよね?

比率はさておいて相手の顔や表情、どんな服装をしているのかとか人によっては身につけているアクセサリーや時計などにも注意を向けるのでは無いですか?

そうなのです、自己紹介というのは口から出す話の内容が約半分の要素で、残りの半分もしくはそれ以上は外見的な事で自己紹介しているわけです。

もう少し具体的に書きますと、油だらけの作業服で自己紹介すれば何かそんな関係だと無言のうちに自己紹介している事になりますし、気難しい顔をしていたら口で私は明るくて優しい人間ですと自己紹介しても他人はそうとは思わないのです。

話す内容よりも表情や外見はとても大切

例えばで貴方が男性で自己紹介の時はわずか5秒で名前と年齢しか言わなかったとしましょう、ただとても温和な笑顔で高級スーツに身を包んで、高級時計でも腕に巻き付いていたら参加している女性が放っておくと思いますか?

逆にヨレヨレのスーツで切羽詰まった表情で自分を高く見せる自己紹介をしても、その言葉の内容よりも外見で人を遠ざけてしまいます。

分かりますよね?自己紹介というのは決して自分の話す言葉だけでは無いと言うことを。

相手が後で話しかけやすい自己紹介を

恋愛のスタートはキッカケです。

ですから自己紹介では相手が後から質問しやすいようなキッカケを作れるような自己紹介を考えてみるのも良いでしょう。

例えば趣味がスキーだとします。

これを自己紹介の時に趣味はスキーだと言うだけではなくて、先週行ったスキー場で凄い体験をしたので後でお話しますとか言ったら当然後で貴方に質問をし易いですよね。

仕事についても全く一緒で自己紹介の段階では詳しく話をしないほうが良いのですよ。

棒株式会社で営業の仕事をしていますと自己紹介したら、後で具体的に何をやっているのか相手はとても質問しやすいのです。

つまり自己紹介というのは自分のことを見知らぬ人に知ってもらう事よりも、相手が話しかけやすいキッカケを提供する場であると認識すべきなのです。

合コン上手はキッカケを生かす名人

今度は自分が誰かの自己紹介を聞く側になった時の話をしましょう。

まずどんな相手だろうが相手の話をちゃんと聞いてあげて、笑顔で頷いたりリアクションをちゃんと出すことはとても大切です。

つまり相手に好感を持たれる聞く姿勢をアピールするということは、他人の自己紹介の時にでも自分をアピールしているということになるのです。

相手の話をちゃんと聞いていれば色々と聞いた話をキッカケにして話しかけることも出来ますし、共通点を見いだせる事も出来ますからね。

壁の花にならないために

まず自分の気持ちや考え方についてアドバイス致しますと、チャンスは平等に有るなんて思ってはダメです。

”チャンスは自分に一番多くやってくる”くらいに思って、チャンスは実はすぐ近くにあるけれど自分に気がついていないだけだと自分に何度も言い聞かせて下さい。

そうやって意識しているとチャンスというのは意外と簡単に目の前にあることに必ず気が付きます。

後はチャンスを感じたら行動ということです。

スポンサーリンク