フリーターからの脱出

恋愛や婚活に進む前に

私が前にメールコーチングさせて頂いていた方の中に、本当の望みは素敵な彼女を見つけて交際して結婚したいという、男性なら当たり前の願望を叶えたいと思っている独身男性の方がいらっしゃいました。

たぶん興味本位でメールでの恋愛コーチングを申し込まれたのだと思いますが、恋愛ならともかく最終的に結婚したいという願望ですと、男性ですからやはり経済的な収入面を先になんとかしなくてはという話になってしまいます。

彼の場合は三ヶ月後には正社員として人並な待遇を手に入れて、恋人もそれから程なく作ることが出来たのですが、これはフリーターで自分に自信が持てなかったのが、まともな企業の正社員になったことで自分に自信ができたことと、楽なステージに移ることが出来たからだと思います。

フリーターから脱出すれば恋人探しは易しくなる

派遣社員ですとかフリーターから正社員になったからといって誰でも簡単に恋人が出来るとは限りませんが、今の日本では数百万人単位の結婚適齢期の男性フリーターが存在しますから、女性からしてみれば、それなりに経済的に安定していて将来も安心できる男性というのは昔よりも圧倒的に少ないのです。

ですから倍率で例えれば競争率1,000倍だった状況が競争率10倍位のとても楽な状況になるのです。

フリーターからしたければ外見力を三倍にする

まず履歴書の段階で跳ねられるような状況ですと履歴書や職務経歴書の書き方からのコーチンををすることになるのですが、はっきり言って一番確率が高くなるフリーターから脱出して、それなりの会社の正社員になる方法が見た目、つまり外見を変えてしまう事です。

はっきり書いてしまえばフリーター歴10年の人が顔も表情も着ている服も、まさにその通りフリータであればその状況から抜け出すのはとても難しいと思います。

ですからやることは年収500万円のサラリーマンの外見を作ることから始めましょう。

ちゃんとしたスーツを着てピパピカの革靴を履いて、髪の毛もきちんとセットしてと、どこから誰が見ても一流企業のサラリーマン然となって下さい。

顔付きだって自然とそれにふさわしい顔になってきますし、話し言葉も不思議と変化し始めるのです。

人はその制服どおりの人間になる。」 ナポレオン・ボナパルト

有名な言葉でご存じの方も多いと思いますが、警察官の制服を着ていると中身も警察官になりますし、科学特捜隊の制服を着ていると誰でもちゃんと中身も制服に合わせて変化してしまうのが人の不思議なのです。

勝手に自分のランクを決めちゃダメ

人は自分の考えた通りの人間になるというのを私は信じていますが、俺は30歳まで一回も正社員になったことがなくフリーターしか経験が無いから、雇ってくれる企業は限られていて年齢不問の経験不問の肉体労働しか無理だと思ったら、はいその通り自分の考えた通りの現実が現れるものなのです。

特に深層心理がどのように自分の事を考えているかはとても大切ですし、ある意味ではフリーター経験が長ければ長いほど染み付いた考え方を変えるのに時間がかかりますが、書き換えが不可能な人は一人もいないのも現実です。

最初に書いたフリーターだった男性も3ヶ月かかってしまいましたが、三十歳までずっとフリーターだった人でもちゃんと中堅企業の正社員として働けるようになるのです。

ですから絶対に自分のランクを勝手に低く決めてはいけません、やるのでしたら逆に高い自己イメージを持たなくてはいけないのです。