ネットストーカー対策

私は男性ですので恋愛感情が原因でストーキングされることは100%無いと断言出来るのですが、どうもたまたま私の書いているコラムの内容が気に障ったのか許せなかったのか、はたまた誰でも良いから言いがかりをつけて交流を楽しみたかったのか知りませんが、何だからコラムの内容について感情的なメールを送ってきて法的な手段を取るだの弁護士に相談するだの始まりまして、どうも木の芽時になると頭のネジが緩んじゃう人が発生してしまうようですね。

まぁメールくらいでしたら素早く削除するなりメールサーバー側の設定でサーバーに到着するやいなや削除して、私にとっては無かった事にしちゃう事で対応出来ますが非通知で電話をかけてくるような迷惑行為にまで発展してしまうと日常業務に支障が出ちゃいますから、こりゃまぁ対策を取るしか無いわけです。

さてではネットストーカー対策ですがこれが考えても有効な対策ってのが出てこないのですよね。

まず個人のサイトの場合でしたらサイト自体を閉鎖してしまうのが確実と言われていますがなにせ一応は法人として公開しているサイトですし、コメント欄の閉鎖と言ってもそもそもブログじゃなくてHTMLベースの一般的なホームページですからコメント欄は最初から装備されていないですし、住所も電話番号も公開していますがこれもおいそれと変更するわけにはいかないですからね。

まぁ実際に被害として証明または認定してもらえるような具体的な事実が出れば警察に被害届を出すなりして相手を特定の上、告訴状を出すなり民事裁判で損害賠償請求をするなり方法が出てきますが、メールと電話くらいじゃ忙しい警察にお願いするわけにはいきませんからね。

想像するに個人の特に女性の方なんかはネットストーカーにつきまとわれて大変苦労している人が日本中に沢山いらっしゃるかと思いますが、企業の場合はストーカーだかクレーマーだか微妙な状態の輩からのメールや電話で有効な対策が取れないまま苦労されている人も少なくないのでは無いでしょうか?

なにせ出来る対策といえば非通知での着電拒否とか電話機にボイスレコーダーをセットして会話を全て録音するとか、届いたメールやログを保存しておくくらいの受身の対策以外になかなか有効な対策が無いのですよね。

まぁ相手の姿が見えないうちは徹底的に無視して相手が業をにやして姿を見せた段階でガツンと反撃するしかないような気が致します。

このページのAI朗読(字幕付き)