調査は何処までが合法的で許されるのか?

さて今回は調査は何処までが合法的で許されるのか?につきまして考えてみようと思いますが法律の知識が浅いので何処まで詳しく書けるか分かりませんが、とにかく書いてみようと思います。

実は素行調査や素性調査、浮気調査などの調査を実行しようとする場合、厳密には法に触れないで調査を行なうのは非常に難しいのが実情のようですね?

○双眼鏡や望遠鏡をつかって個人宅やマンションの部屋をのぞき見る行為

書くまでも無く、覗き見は見つかれば法に触れる行為で連行されます、ただ公共の場所、道路などで双眼鏡などを使って辺りを見ているのは法に触れることになってしまいますね。

○盗聴器を使って盗聴を行なう行為

これは電話機に仕掛ければ電気通信法に触れますし、室内に侵入して盗聴器を仕掛ければ不法侵入になりますのでやはり法に触れてしまいます。

集音マイクなどの高感度の集音器をつかって会話などを聞く場合は法律的には分かりませんが、プライバシーの侵害になると思います。

○写真の撮影

これもやはり法に触れる行為になりまして、特に勝手にマンションの部屋を屋外から撮影をしたりすると、×ですし、外を歩いている所を写真に取るのもプライバシーや肖像権で争われれば、不利な判決が出ると思います。

○勝手に郵便ポストの中の郵便物を調べる

勿論法に触れる事は書くまでも有りません。

○尾行・張り込み

尾行相手に不安を与えるような尾行ですとストーカー行為になってしまいますが、相手に気が付かれないで尾行を行なっている場合ですと、触れる法律は無いような気がします。

ざっと書いて見ましたが、厳密に調査を行なおうとすると、殆ど何も出来ない状態になってしまうのが現実のようですが、それでは仕事が遂行できませんのでぎりぎりの?線で仕事を遂行しているのが実情のようです。

今まで、探偵業に関しては多くの探偵事務所が存在して業務を行なっているにも係わらず、探偵調査業務を取りまとめる法的な指針や取り決めが出来ていな無かったようですので、一部議員の間で、(探偵新法)なる法律制定の準備をしているようです。

このページのAI朗読(字幕付き)