浮気の定義

今回は浮気の定義について考えてみようと思います、つまり何処までがセーフで何処からがタッチアウトなのかについての考察なのであります。

野球の世界では審判がおりまして、ジャッジをしますね? 野球でも審判によって判定が微妙に違ったり日本とアメリカでは微妙に違ったりするそうですが、浮気の判定についてはもっと流動的な判定になってしまいます。

先ず、浮気の定義及び判定ですが、誰が浮気かどうかを判定するかですが、これは正規のパートナーが一時判定をする事になります。

一時判定が不服な場合は裁判所なり親族なりの第三者が二次判定をすることになります。

では浮気の判定を誰がするかに片がついたところで、浮気の定義について考えてみたいと思います。

○1対1で一回だけ親密に話をする。(余裕でセーフ)

○複数回、1対1で親密に話をする(一時判定アウト、物言いがついて取り直し)

○二人きりで食事に行く(一時判定アウト・二次判定でセーフ)

○一夜を共にする(やった本人も納得してアウト)

まあ、概ねこんなところでその他に色々な要素がありますので、多少変動するって所でしょうかね?

例えば、浮気相手の容姿だとか年齢差とか状況とか普段の行いが特に一時判定に大きく影響を与えるのではないでしょうかね?

後は性別により浮気判定の格差も有ると思います。

男性のほうが判定が甘く(そもそも女性のほうが浮気を隠すのが上手いと聞きます)、女性のほうが浮気の判定に関しては、機敏にチェックして判定も厳しいようです。

例えば全国共通のルールブックが(過去の法廷での判例を基にして)出来たらどうなのでしょうか?

ルールブックでぎりぎりセーフを狙えば良いって?

いえいえ、ルールブックを購入した時点でイエローカードが出てしまうのであります。

まあ心が決める問題でも有るのでありまして、食事を一緒に一回しただけでレッドカードを出してしまう奥様もいらっしゃると聞きますからね。

このページのAI朗読(字幕付き)