過当競争の探偵業界

どうも10年ほど前から探偵業界は過当競争になってしまっているようです。(実際に探偵さんに聞いた話でも探偵業界は過当競争だそうです)

過当競争の原因として一にも二にも、参入の障壁が無く、資格もライセンスも不要で探偵業を開業することが出来まして、一見したところ探偵に調査を頼んだ場合の調査費用はそれなりに高額に見えるところが原因のようです。

※まともに浮気調査などを依頼して調査に10日かかったとすると調査費用は50万円を下らないそうです。

そんな事で探偵事務所が乱立しまして電話帳広告にもインターネットのホームページにも探偵広告が氾濫しているのが今の現状でありますね。

過当競争が起こりますと、どこの業界でも同じなのですが価格の値下げが起きるわけです。

探偵業の場合は、継続してお客様を確保して売り上げを上げるリピータは殆ど期待できない業種でして、常に新規のお客を捕まえる、24時間365日新規顧客開拓が必要な業界ですから、価格競争が始まってしまいますと、キチンと調査を行なって適正価格で勝負している探偵業者が割りを食ってしまうわけです。

探偵の調査業務はそれこそ人件費の塊ですから、調査対象の方を尾行したりして張り付いて調査をして証拠を集めたりするとなれば、ある程度の金額はかかってしまうものなんですね?

まともに調査を出来ないような価格設定をして、ディスカウント業者が沢山出てくれば、(その業者がしっかりと調査を行なっていれば話は別ですが)、まともな業者が立ち行かなくなってきてしまいますので、まともな業者が減ってきてしまうって事ですね。

追伸

浮気調査にしても尾行にしても素行調査にしても、一人前になるのは2年はかかりますし、経験豊富な安心できる探偵になるにはそれこそ10年は経験を積む必要が有るようなのですが、乱立している探偵事務所では、ベテランの調査員を抱えて業務を行なっている所はどの位あるのでしょうかね?

それと日本の私立探偵の場合は大部分が浮気調査で依頼人が女性の場合が殆どのために、女性が運営している事を全面に出して集客をしている事務所が増えてきましたね?

ただまあ、時と場所によっては尾行調査などは男性の方がやりやすいと思いますが、探偵が女性の方が依頼者が安心するのでしょうかね。

このページのAI朗読(字幕付き)