もし結婚したら【女性向け恋愛コーチング49話】

前回のお話:夫婦二人でかかる生活費のシュミレーション【女性向け恋愛コーチング48話】

30分で結婚後の家計シュミレーションを終わらせて、週末に夢子の部屋にやってくる元に食べてもらう料理を検討するために、その手の本を探しに本屋に向かっていた。

いまどき本屋に行かなくてもホームページでも動画でも山ほどレシピは、無料で手に入るご時世なのは重々承知しているのだが、そのまま部屋にいるとお金の事を考えてしまいそうだったので、気分転換も兼ねて駅前までブラブラ歩いていた。

(いい年した女が一人で歩いていて周りからはどんな風に思われるんだろう?
主婦には見えない自信はあるけど、やっぱり独身の中年女性に見られてしまうんんだろうか?まぁ私の事なんて誰も気にしないのが普通だけどね!

それにしても元さんが真面目な顔でお金の事を言い出したって事は、良いニュースとしては結婚を真面目に考えているって事だけど、逆にさっき私がやってみたのと同じように、自分の給料から家計をシュミレーションしてみて、私と同じような結論になって悩んでいるのかしら?
たぶん男性から共働きを前提にして結婚を考えて下さいなんて、彼も三十後半だから言えないんだろうな?

けど絶対に私と一緒になりたいって言ってくれれば別に共働きでもOKなんだけど、そこは男の見栄なのかな~)
などと自問自答しているうちに書店に到着した。

もし結婚したら

久しぶりに書店に足を運んだ夢子だったが、雑誌やコミックばかりで簡単に作れてそれでいて手が込んでそうに見えて男性が喜ぶ料理の本はすぐに見つからなかった。

やっぱりここは肉じゃがとかコロッケあたりが無難だと思い、和風の料理解説本を手にしたが、出汁とか言われても良く分からないので下手に挑戦して失敗したら目も当てられない状況になるので、ここは無難にカレーを作ることにして料理について悩むのをやめた。

本屋を出てスーパーマーケットに入った夢子はカレーの材料を購入して、まずは今夜は一人でカレーを作って練習する事にした。

家に帰る途中に不動産屋があったので店のガラスに張ったアパートやマンションの間取りと金額を見ていたら、中々若い女性が出てきて夢子に声をかてきた。

案内する女性スタッフ

「よろしかったら中にどうぞ!中にも物件は沢山ありますから!」

と言われて強く断る理由も無いので招かれるままに小さな不動産屋の中に入っていった。
入るとすぐに冷たいお茶が出てきた。

「良ければご希望とか聞かせてもらえますか?間取りとか予算とか何でも・・・」

まぁ聞くだけならという事で思っているままの希望を口にしたのだが、内心ではまだ結婚を前提に付き合うか止めるかの段階と思いながらだった。

「近く結婚するかもしれないんですけど、子供もすぐに欲しいからあまり狭いのは困りますけど、予算も余りないんです。

正直言って8万円以下で安ければ安いほど助かるんですけど、一応新婚になりますからあまり古い物件は避けたいって気持ちがあって、それと共働きしなくちゃいけなくなりそうなので、子供を預けられる託児所とか保育園が近くないとダメなんです・・。」

「結婚なさるんですか!それはおめでとうございます!じゃあ私も頑張っちゃいますね!
まずご予算的な制約がありますので、築年数で妥協するか立地で少し我慢するか多少の妥協はお願いする事になると思いますが、無理なご希望でもないと思います。

例えばこの物件ですけど少し築年数が20年と古くて駅から徒歩25分と遠いのですけど、間取りは3DKでバストイレが付いて共益費込みでぴったり8万円です。」

そこで女性社員は話を止めて夢子に名刺を差し出して微笑みながら切り出した。

「もし少しお時間があれば今度の土曜か日曜日に結婚予定の男性と一緒にお店にいらっしゃいませんか?

それまでに数件はピックアップしておきますので、お二人で見て頂くというのは如何でしょうか?」

「はい、今度の週末の夜に彼と会うので聞いてみますね?
もし彼が見たいって言ったらこの名刺にお電話すれば良いですね?」

何となくの流れで元と住む場所を見に来るという事が夢子の中では既定路線になってしまったのだが、果たして元はどう捉えるだろうかと少し心配になった自分が居た。

夢子は丁寧にお礼を言って、とにかく予算を抑えてくださいとだけ言って店を出てきた。

(だって家賃次第でもしかしたら二人が結婚するのか諦めて別れるのか決まっちゃうんですもの・・・)

低収入の男性との結婚は結構いろいろ難しいなと少し思いはじめながら夢子は自分の部屋に到着した。

そして自分の夕食用のカレーを作り始めた夢子だったが、材料を鍋に入れた時点でカレールーを買い忘れたことに気がついて、結局コンソメを入れてコンソメスープが夕食になった。

このページのAI朗読(字幕付き)

次回:共働きが前提の婚活と結婚【女性向け恋愛コーチング50話】