女性から男性への自然なアプローチする方法【女性向け恋愛コーチング18話】

前回のお話:ネット婚活とネット弁慶対策【女性向け恋愛コーチング17話】

婚活セミナー

「本日の最後は女性から男性に対してアプローチする方法についてお話したいと思います。

一言でアプローチと言っても社内の同僚であったり取引先の好きな人だったり、状況は色々有ると思いますし、女性ですから本来は男性からアプローチして来るように仕向けたいところですが、本日の講義では思い切って女性からアプローチする場合について、お話したいと思いますが、アプローチと言うよりもキッカケ作りと言ったほうが良いかもしれませんね。」

相手を褒める注意点

「社内や取引先の男性にアプローチする王道はなんと言っても相手を褒めるという方法ですが、ここで気をつけなくてはいけないのは、普段から自分の周りにいる全ての人に対して、何かしらの良いところを見つけて褒めるようにしておくという事です。

分かりますか?

普段は誰に対しても褒めたことも笑顔を見せたこともない女が、好みの男性が現れたからと言って急にその男性の前だけ笑顔になって、相手を褒めても基本的にミエミエで相手に必ず下心ありだと悟られてしまいますし、いかにも裏表が有る女だという事を気づかれたり、社内で味方する人間を失ってしまったりします。

まぁ普段から自分の周りの人を褒める習慣が付いていれば意中の男性が出てきても簡単に実践できるというメリットもありますしね?」

確かにそうだと思った。

夢子自身ここ数年間で誰かを褒めた記憶がなかったし、何かの拍子で急に自分のタイプな男性が身近に現れたとしても、自然に褒めることなんて出来ないし作り笑顔で挨拶するのが関の山だと思った。

イザベラは褒めるコツとして普段から誰かを褒めている以外にも、本人が気にしている事を見抜くコツなどを話した。

「特に社内とか取引先にような身近でしかも、これからの社会生活の中で当面は顔を合わせる事になる男性の場合、まず最初のとっかかりは相手を褒めるという事からスタートするのが一番無難です。

余程のことがない限り失敗する事は有りませんし、後々顔が合わせにくいという事態にもならないですからね?」

「男性を褒めてキッカケを作るについて何か質問は有りますか?」

一人の女声が手を上げて発言した。

「何処をとっても褒める要素が見当たらない場合はどうすれば良いですか?」

「あなたそんな男性を好きになったりしちゃうわけ?」

婚活セミナー

「次に進みますが例え上手に男の人を褒めることが出来ても、向こうから全く誘ってくれなかったり、そもそも恋愛対象として見てもらっていなかった場合は、次には積極的に女性の方からアプローチをしなくては、叶わぬ恋で終わってしまいます。」

男性への自然なアプローチ

「結婚に焦っていると思われたくは無いでしょうからアラフォー女性としては男性へ自然なアプローチをしたいですね。

一気に距離を詰める魔法のような方法があれば良いのですが、稚拙な事をやっても後が大変ですから、まず自然なアプローチで一歩だけ前に勧めてみましょう、射程圏内に入るための行動だと思って下さい。

ある程度仲良くならないといきなり一対一のデートとか誘えないですからね!」

ここで受講生にお茶が出された。

昆布茶

「昔は女性はお茶くみなんて言われた時代がありましたが、今は男女同権とか言うことで女性が男性に対してお茶を淹れることは少なくなりましたよね?

ちょっとした空き時間に珈琲を入れて差し出すとか、ちょっとしたお菓子を配るとか、取引先の男性社員だったら、暑い日にやってきたらすばやく冷たい麦茶を出すとか、女性の強みを利用してアプローチする方法を活用しなくてはいけません。」

自然な恋のアプローチは女性の方が断然有利

「これは別に女を使うとかそういう意味じゃなくて、色々なシュチエーションで男性が女性にアプローチするより女子のほうが楽で有利って事です。

午前中に聞いてもらった男性へのボディタッチの方法だって、逆の立場だったら相当注意しないと下手すると問題になるけど、女性がする分にはまずオッケーでしょ?

お茶や珈琲をそっと差し出すのだって同じことで、別に勇気を振り絞って近づきになろうとしなくても、女性であるって事を生かせば自然なアプローチなんて幾らでも出来るんですよ。

こういった最初の段階で自然なアプローチが難しい場合もあるかもしれませんし、その場合はこれから話す事からスタートになりますけど、今の日常生活の中で身近に気になる男性が出現したら、誰でも簡単に出来ることだから必ず実行して下さいね。」

女性から誘い出す(デートに誘う)

「理想は男性から誘ってくれてお付き合いする事なので、そうなるようにせっせと自分の外見を良くして、美人は正義を実感してほしいのですけど、それを待っている間に他の若い女のことに取られちゃいますから、男性の方から誘ってもらえなければ自分から誘ってみましょう。」

女性から男性を誘う

「まず最初は一日かけてデートするとか壮大な事は考えないで、会社が終わって少し付き合ってもらうとか、相手の全く負担にならないレベルで誘うのが成功率を飛躍的に高くするコツになります。

例えばね一般的に女性はメカとか電気に弱くて男性は強いって事になってますから、この固定観念を利用して、防災にラジオを買いたいんだけどラジオって種類が幾つか有ってわからないから、帰りに選ぶの付き合って貰えませんか?とか相手を頼るって雰囲気も出した、合わせ技なんてのがかなり有効なんですよ。

まぁ普通に普段から顔見知りで自然にアプローチができれば、成功率は100%に近くなきゃおかしいし、逆に断られるようであれば脈なしって判断して構わないと思いますよ。」

急に一人の女性が手を上げて指名を待たずに発言した。

「あの取引先のうちの会社に出入りしている営業マンを誘うにはどんな口実が有りますか?」

たぶん気になる男性が居てどうしても聞いてみたかったんだろう、と真剣に質問する女性の後姿を見ながら思った。

「そうね、別に社内の男性だって社外の男性だってさっきと同じ手を使えると思うけど、まぁ社内に男性社員が沢山在籍しているようじゃ自然なアプローチって感じじゃなくなってしまいますからね?

その場合は相談事を持ちかけるって方法が自然なアプローチとしては多くて、それも社内の人間に相談できないような相談事を作り出すってのもありますね。

とにかく自然にアプローチするのですから考え方も行動もシンプルじゃないとダメですよ!」

別れ際に次の約束を取り付ける

「女性からアプローチして30分でも一緒の時間が過ごす事に成功したら、別れ際に次の行動に繋げるような会話をしましょう。

翌日改めてお礼を言うとか、後でラインするとか今は連絡を取る方法も色々有って、後からでも幾らでも連絡なんて取れると思いがちだけど、目印も付けないでリリースしちゃうのは勿体無いですよ。

男性の方から積極的にホテルに誘ってくるとかいう場合は、その場で自身の責任で判断して貰えば良いと思うけど、最近の男性は草食系男子が多いし、そこまで女子力が上がってなければ、こっちから次のアクションを提示しないと難しいと思って下さい。」

振られた時の精神的ダメージを最小限にする

「それに別れるときまでに次に約束を提示するというのは、その場で結果がわかるから失敗して振られた時のダメージがウンと小さくて、立ち直るのも早いし何よりメールの返事を待っていてドギマギするような事とは無縁だから、ちゃんと事前に作戦を立てて切り出せるようにする必要があります。

と言っても今度そこの焼き鳥屋さんに行きませんか?って軽いレベルで聞いてしまうようにして下さい。

ノーだったらまたの機会ですし、オッケーだったら今度の金曜日はどうですか?とかちゃんと日時まで決めるのがコツと言えます。」

よっちゃん

夢子は話を聞きながら、そんなに簡単にデートに誘えるものなのかと思っていたが、たぶん会場内の他のアラフォー女性も同じように考えているのではないかと思った。

「ここまで女性から男性への自然なアプローチする方法についてお話してきましたが、自分にも出来そうだからやってみようって思った方は挙手して貰えますか?」

手を上げた女性は一人もいなかった。

夢子は出来そうな気がしたが別にここで優位に立っても何の意味もないと思ったので手を挙げなかった。

「だ・か・ら今だに独身でお金を払って男の作り方を聞いているんだと気が付きましょ?

いい加減にメンタルブロックの撤去作業を行わないとおばあちゃんになっちゃいますよ?

けど自信がないって顔に書いてありますね?

じゃ話題を変えて当社の結婚相談とカウンセリングについて説明しますね。」

このページのAI朗読(字幕付き)

次回:婚活グループコーチング【女性向け恋愛コーチング19話】