短期婚活成功のポイント【女性向け恋愛コーチング3話】

前回のお話:婚活セミナー【女性向け恋愛コーチング2話】

婚活メイク

「ではモデルさんがお色直しをしている間に婚活成功のポイントについてお話を続けます」

その声を合図にモデルの女性はドアからいったん出ていった。

「最近は7040問題とか婚期を逃して人生の先が見えない終盤を送るのか、シンデレラガールになってハッピーエンドな物語の主人公になるのか、全てが貴女の決断と行動力にかかっています。」

「婚活には長期戦と短期決戦の二種類があります。
婚活の長期戦というのは職場の男性やサークルの仲間や知り合いから紹介を貰うといった類の縁故婚活も含まれます。

長期戦では一言でいうと貴女の内面つまり性格や話が合うとか、気立てが優しいとか誰にでも親切だとか、そういった日常生活の中の本当の輝く人柄で結婚相手を呼び寄せることが出来ます。」

夢子は話を聞きながら短期決戦とか長期戦とかまるでスポーツの試合に例えているような気がして少し白けた気分になったが、夢子以外の聴講生は真剣に聞き入っているようだった。

「そして婚活短期決戦といえば、お見合いパーティーだったり友達の結婚式の二次会や合コンでの話になります。

一般的なお見合いですと事前にお互いに経歴や写真など様々なデーターが交換された状態で、家庭環境まで含めての総合的な取捨選択という事になりますので、一般的なお見合いは短期決戦ではありません。」

婚活パーティー

「婚活短期決戦では最初の3秒で好みかそうでないかを判断される、または逆に相手を判断して、会話など接触して3分でそれ以上続けるかどうか大概の男も女も判断します」

婚活3分勝負

「そこで絶対不可欠になって来るのが自分への自信です」

会場のドアが開いてさっき出ていったモデルが華やかなパーティドレスに身をまとって、優雅な身のこなしでセミナー会場に戻ってきた。

「あっ!」

めったな事で驚いて声など出さない夢子だったが、部屋から出て行った時の顔だけはチャーミングになったけど、まだ体全体から醸し出される薄幸そうな雰囲気は微塵もなくなっていて、いかにもパーティーの華であって男性の視線を一手に集める事が当然の、チャーミングで優雅でそれでいて品のある女性が微笑んでいたからだ。

チャーミングな女性

同じく会場全体もあっけにとられてどよめいていた。

「もう私が何を言いたいのか、女が一番自分に自信を持てる事は何なのかの説明は不要ですよね?」

会場内の聴講生全員が一斉に頷いた。

「短期決戦のお見合いパーティーは事前に相手の情報は何も伝わっていない状態ですから、シンデレラが発生しやすい環境とも言えます。」

夢子もシンデレラの絵本は読んだことがあったがカウンセラーが何を言わんとしているのか今一つ理解できなかった。

「つまりこういう事です」

カウンセラーはまるで夢子の心の中を見透かしたかのように言葉を続けた。

「舞踏会で王子様はシンデレラに一目ぼれするのはみなさんのご存じのとおりですけど、王子様はシンデレラの美貌以外一切の情報は伝わっていなかったのですから、本当に王子様は100%外見の美しさだけでシンデレラと結婚しようと決意して、残されたガラスの靴を頼りにシンデレラを探し出して結婚しましたよね?」

ガラスの靴

「みすぼらしい恰好で顔も煤けた状態で舞踏会に出席できたとしても王子様は見向きもしなかった事に疑いの余地はないのです。

その前に入口でドレスコードに引っかかって会場に入る事さえ許されませんでしたけどね!」

セミナー会場内が笑いに包まれた。

「それにシンデレラの場合は複雑な家庭環境でしたから、もしかしたらお見合いのように事前に彼女の詳細な情報が伝わっていたとしたら、実際のお見合い決行にまで至らなかったかもしれませんね。」

いつの間にかモデルの女性がカウンセラーの横に立っていた。

「この子がメイク前の状態で短期決戦の婚活パーティーに出て行ったとしたら、参加者の状況にもよるけど、成功率は1%にも満たないんじゃないかしら?

誰でも構わないから結婚したいって言うのだったらもっと高いかもしれないけど、背が高くてハンサムとか自分の好みのタイプの男性のハートを射止める成功率で考えたら0.1%ってところでしょうね?」

モデルの女性が一歩前に出た。
笑顔がとってもチャーミングでドレスがとても優雅で優しい雰囲気が伝わってきた。
婚活パーティーに出席したら注目度でナンバーワンになると夢子は思った。

「中身は全く同じだけど、このメイクをしてドレスに身を包んだ今の彼女なら、婚活パーティー会場内の参加男性の中から一番自分の好みの男性とデートの約束を取り付ける成功率は少なくとも20%はあるわね?

つまり成功率が200倍になるって事なのよ」

会場内がどよめいた。

「ちょうど半分の1時間半たったところですので一旦ここで10分間の休憩を入れます。」

このページのAI朗読(字幕付き)

次回:妥協しない婚活と結婚【女性向け恋愛コーチング4話】