婚活ダイエット

その昔、もしかしたら落語の中だけの話かもしれませんが、恋患い(こいわずらい)ってやつがありまして、基本的に片思いの男女が、恋い焦がれて食べ物も喉を通らなくて、最後にはやせ衰えてこの世から去ってしまうって病?が有ったようですが、最近はとんとそんな話は聞かなくなりまして、代わって結婚(相手を探す)為にダイエットに励んだり、肉体改造に勤しむ男女が増えているって所でしょうね?

まあ一説によりますと、世の中に男と女が居て結婚って言われる儀式がなかったら、化粧品だって今ほど売れないでしょうし、ダイエット産業そのものの存在すら怪しいのではないでしょうかね?

例えば結婚相談所に申し込み行おうと思った人が居たと致しまして、ぶよぶよのメタボ体型であれば余程の大金持ちでも無い限り、結婚相談所に支払う入会金は無駄になってしまう可能性が高い訳ですし、申し込まれた結婚相談所のカウンセラーの方だって、肥満体の男(もしくは女)が、汗まみれで相談に来ても取り扱いに困ってしまうのではないでしょうかね?

そう考えますと結婚希望のメタボな男女は結婚相談所に相談に出かける前に、ダイエットに励むなりスポーツジムやスイミングスクールに通って、スリムな体型になったほうが結婚相談所へ申し込んだ後の成功率が随分と違うのではないでしょうかね?

※ 個人的にお勧めなのはスイミングスクールでしてこの場合は間違いなく水着姿を他人にさらす事になりますし、異性の目も否が応でも気になってしまいますので、かなり必死になってダイエットに励むようになるのでは無いかと思いますし、もしかしたらスイミングスクールで素敵な出会いが、日本がワールドカップサッカーで優勝する位の確率で有るのでは無いでしょうかね? 但しスイミングスクールは健康やダイエットの為に出かけるところで、結婚相手を探す場所では有りませんがね?

でねダイエットと結婚の関係で一番書きたい事をこれから書こうと思うのですが、運良く伴侶を見つけてね、そこで安心してしまっていきなり膨れ上がってしまって、結婚前の体型は想像もできないほどに進化しまして、場合によってはJAROに訴えてしまいたい衝動に駆られる人が半分で、ちゃんと結婚してからも治にいて乱を忘れず、将来何があるか分からないので節制を続けて体型を維持する人に分類できますよね?

でその結婚相手がどちらの分類に入る人なのかを結婚前に見極める事は至難の業なのでありまして、占い師に聞いても分からないので有りますね?