アラフォー婚活

ラブレター

前回のお話:婚活情報を集める【アラフォー婚活第10話】

図書館を出て夕食用にチラシ寿司を買ってまっすぐ自分の部屋に戻った夢子はポストに手紙が入っている事に気が付いた。

ピンクのハートマークをしたシールが張ってあ ...

アラフォー婚活

婚活情報を集める

前回のお話:AI(人工知能)結婚相談所【アラフォー婚活第9話】

少し遅いランチを済ませた夢子は食後のミルクティを飲みながら、夕方までの時間の使い方について考えていた。

結局夕方まで婚活情報を出来るだけ自分で集め ...

アラフォー婚活

AI結婚マッチング

前回のお話:シンクロニシティと元彼との再会【アラフォー婚活第8話】

婚活セミナーに出席してから一週間経過したが入会審査の結果は未だ届いていなかった。

夢子はもう一度ポストを確認したが何も入っていなかった。

アラフォー婚活

シンクロニシティ

前回のお話:セルフリスペクトは不要【アラフォー婚活第7話】

進次郎からの突然のメールから数日後の夕方

仕事を早めに切り上げて待ち合わせ場所である喫茶店に約束の時間より5分ほど遅れて到着した。

進次郎 ...

アラフォー婚活

セルフリスペクトの本

前回のお話:婚活適正検査の結果【アラフォー婚活第6話】

夢子はセルフリスペクトの本をくれた、見るからに女性に縁が無さそうなのに、今度結婚すると言っていた中年男性の冴えない顔を思い出しながら読書に集中しようとしていた。

アラフォー婚活

結婚力テストの結果

前回のお話:婚活ターゲットはハイクラスの男性【アラフォー婚活第5話】

午後3時半という半端な時間だったためか喫茶店には夢子の他にお客はいなかった。

おしゃれな店内には何故か三波春夫の東京五輪音頭が流れていて、お ...

アラフォー婚活

ハイクラスな男性

前回のお話:妥協しない婚活と結婚【アラフォー婚活第4話】

カウンセラーのハイクラスな男性と知り合う方法という言葉に、ほぼ全員が頭を上げて口元に注目しているのを楽しむかのように、にっこり微笑んで言葉を続けた。

「 ...