探偵とスパイについて考える

探偵と呼ばれる人たちがいる、そしてスパイと呼ばれる人たちがいるのですが、探偵とスパイは何処がどう違うかを深く考えてみるのが今回の目的であります。

映画や小説に出てくる代表的な探偵は

明智小五郎・シャーロックホームズ・江戸川コナン・工藤ちゃんなど

映画や小説に出てくる代表的なスパイは

007(昔はゼロゼロセブンと読んでいましたが最近はダブルオーセブンと言うようです)のジェームスボンドやゾルゲ(これは実在ですね)、それから落合信彦さん関係でしょ・・・・。

どうも探偵は個人向けの情報収集販売でスパイは国家が絡んでくるような気がしますが、産業スパイなんて言葉もありますので、個人情報の調査集は探偵さんの営業範囲で、それ以上にスケールが大きくなりますとスパイなのでしょうか?

調査員と呼ばれたらそれは探偵で諜報部員と呼ばれたらスパイなのでしょうか?

では探偵とスパイはどちらが偉いかはどうなのでしょうか?

幾つかの外国では優秀なスパイはそれこそ英雄として扱われる事もありまして、日本以外の一部の国ではスパイの地位は高いようで国家的に認められた職業ですね。

では探偵はそうではないかといいますと、英国は(英国に行ったことも有りませんが)、シャーロックホームズ発祥の地でもあり、探偵も社会的地位を認められているような気がします。

まあ今回は取り留めの無い事を書いてしまいまして、どう終了すればよいのか分からない状態になってしまったのであります。

しかしまあ身を隠す技術ですとか必要なスキルに共通するところは有るのですが、日本の場合はスパイは沢山潜伏しているようですが、探偵は今日も浮気調査に精を出すって所でしょうか?

他にも企業の産業スパイなんてのも実際に存在するようですが、私にはよく分からないのであります。

関連コラム

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示