浮気調査料金の相場

パートナーの浮気が気になって、浮気調査をしてみたいと思っている方も多いようですが、調査料金が一体いくらかかるのか、浮気調査の料金の相場が気になる人が大半だと思いますので、今回は調査料金の相場について考えてみたいと思います。

全くのおおまかな調査料金の算出ですが、浮気調査の場合は人件費の塊でもありますので、調査員の拘束量によって大まかな料金が出てきます。

例えば、24時間監視が必要な調査対象の場合と、会社が終わって帰宅するまでの時間だけ調査すればよい場合とか、土日だけの調査が必要な場合と料金は変ってきます。

それと、尾行して調査する場合に一人で尾行する場合と二名以上で尾行しないと尾行が難しい場合でも料金は大幅に変ってくるわけです。

ざっくりと書いてしまいますと、調査員を一日拘束するとすれば、5万円から場合によっては10万円以上が一日にかかってきます。

はっきりと書いてしまいますと、浮気調査を依頼する場合は100万円程度は用意していないと、調査できない場合が出てきてしまう可能性が高いようです。

しかし、昨今の探偵事務所の乱立によって、調査料金の低下は進んできていまして、随分と安い料金で調査を請け負う業者も出てきているようですが、中にはアルバイトを使って、大学生やフリーターで調査をやらせてしまう、探偵事務所も実際に有るようです。

探偵事務所の場合は、国による資格は有りませんし、大掛かりな組合など横をつなぐ組織が有りませんので、タクシーのように明確な料金は無く、時価のような世界なんですよね?

ここからは個人的感想なのですが、探偵の調査料金は決まった価格があって無いようなものなのは周知の事実でして、探偵を頼みたくても料金が良く分からないので二の足を踏んでいる方も少なからずいると思います。

探偵業界のほうは、事務所、事務所で個々の事務所が乱立して、なんとか一人でも多くの依頼者を捕まえようと、広告を出したり、苦労しているわけです。

探偵事務所同士で競争は大いに結構なのですが、一度しっかりとした団体でも作って、標準料金表でも作ったほうが、全体の依頼数は数段違ってくるのではないでしょうか?

まあ相場が有って無いような世界である事は事実だと思いますけどね。

追伸

今の流れは、行政は出来るだけ民間に介入しない流れですが、人の秘密を暴くような商売ですから、なんらかしらの規制は必要ではないでしょうか?

関連コラム

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示