探偵の求人とアルバイト募集

需要が多いのだか、探偵になりたい人が多いのか日本には多数の探偵事務所が存在しますが、今回は探偵事務所の求人とアルバイト募集について書いて見たいと思います。

現実の日本の私立探偵の世界で求人・求職状況は探偵の志望の人は少なくなく、又 探偵事務所の労働は不規則で忍耐力が要求され、探偵業は肉体労働でもありますので、探偵や探偵の卵を募集している所は多いようです。

最近では探偵養成学校なども有りますので、探偵養成学校を卒業して独立前に1度どこかの探偵事務所で働いて見たい人を入社させたりもしているようですね?

実際にどこの探偵事務所でも正社員や出来高制(フルコミッションの探偵)の確保はなんとかしているようですし、探偵事務所で働きたい場合は、探偵事務所をいくつかあたってみれば、就職は可能なようです。

※実際の求人広告では”探偵募集”とは掲載しません、求人広告に掲載する場合は”調査員募集”の表現になります。

で、探偵事務所が苦労しているのは探偵の調査業務をおこなってくれるアルバイトの募集のほうなんですね。

探偵や調査員募集でしたら求人広告に掲載も出来ますし、ホームページがある探偵事務所では探偵募集とか調査員募集の求人情報を書く事で求人する事が出来ますね?

しかし探偵事務所の場合は、なかなかアルバイト調査員の募集は出来ないのであります。

別に求人広告や自社のホームページ上でアルバイト調査員募集とかアルバイト探偵募集をやってもかまわないのですが、調査を依頼する依頼人にとってはアルバイトを使って調査するの?って感じでイメージが良くないですからね?

今の探偵調査の業界でもディスカウントは始まっておりまして、探偵調査はそれこそ人件費の塊ですので、アルバイトに出来る調査はアルバイトを使いたい所なのでしょうがね?

しかしながらイメージとか業務遂行上秘密厳守が絶対ですから、アルバイトをおおっぴらに募集して、アルバイトを使って調査をやっている事を外部に知られたくは有りませんからね?

結論

探偵事務所でアルバイトをしたい場合、求人広告で求人募集はあまり目にしませんが、探偵事務所に直接電話して聞いて見ると、アルバイトを使っていて採用する所も多いって事なんです。

追伸

私は今のところ探偵を使う用は有りませんが、アルバイトを募集している探偵事務所には依頼したくありませんね、それだったら自分で探偵セットなりサンスタースパイ手帳を買ってきて自分でやります。

関連コラム

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示