探偵の起源

さて、今回は探偵業の起源について考えてみたいと思いますが、日本におきまして探偵業(探偵業らしきもの)を辿っていきますと、忍者にたどり着くのではないでしょうか?

忍者とは戦国武将が敵の情報を集めたり、場合によっては敵をかく乱するために全国に放ったのでありまして、呼び名も忍術使い・妖術使い・乱破(らっぱ)・素破(すっぱ)・草」・しのび等の呼ばれる人々です。

忍者の仕事としては各種ありますが、情報収集が忍者の仕事の大きなところでありまして、城中の情報や庶民の動向を調べる事は非常に大きな任務であったと思います。

ここで気になるのは、忍者が果たして浮気調査をやっていたかが気になる人は気になるのではないでしょうか?(忍者が浮気調査をやっていたかどうかが気になるのは私だけでしょうか?)

あくまでも私の想像ですが、徳川家康の天下統一後、徳川幕府が長く統一していた、平和な江戸時代では、忍者の仕事も少しは減ってきまして、中には大奥に忍び込んで浮気調査を行なった忍者もいるのではないかと思っています。

さて、探偵業を行なっている人の中には元、刑事だった人もいらっしゃると思いますが、元忍者の探偵ですとか、忍術学校卒業の探偵はいないのでしょうかね?(漫画や読み物の世界でも忍者探偵はお目にかかった事は有りませんが)

まあ、使えるか使えないかを別としまして、忍術を使える探偵は面白いと思いませんか?

※服部半蔵の子孫で探偵をやっているとか、科学忍者ガッチャマンみたいなコスチュームで現れる私立探偵とかを想像してしまいますと思わず笑ってしまいます。

屋根裏に忍び込んで、天井の節穴から調査を行なったりですね、背景と同じ模様の布をかざして壁に張り付いて調査するとか、水遁の術で口に竹筒をくわえて水の中に潜んで、調査をするとかなかなか楽しい、忍者流探偵業が行なえるのではないかと思います。

追伸

私の子供の頃に”仮面の忍者 赤影”って絶大な人気を誇る忍者もののテレビがありました(実写版)、赤影の復活はしないのでしょうか?

最近では水戸黄門出でてくるご存じ!由美かおるさん演じるかげろうお銀あたりが忍者としては有名なのですかね?

それと先日は香取慎吾さん主演で実写版忍者はっとり君をやっていましたね。

関連コラム

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示