結婚調査

今回は結婚調査について書いてみようと思います。

結婚調査とは結婚前に結婚相手の事を探偵や興信所、調査事務所をつかって調べることです。

結婚調査を依頼するのは結婚する本人よりももっぱら、両親が調べる事が多いようですが、ある意味結婚できるかどうかを探偵や興信所が鍵を握るのもどうかなと思ってしまうのですが、家柄にこだわるとか、自分が結婚に失敗したと思っているとか、その諸々の理由や考えで結婚調査を依頼する人は後を絶たないようなんですね?

さてその結婚調査ですが実際の調査内容はどのようなことを調べて調査書を作成するのでしょうか?

○借金・借り入れが無いかどうかを調べる

確かに、借り入れを隠していないかどうかは非常に気になるところなのですが、個人情報の取り扱いが非常に厳密になってきていますので、いかに名探偵や名高い興信所といえどもおいそれと、個人の借り入れ状況を調べるのは容易ではなくなってきているようです。

昔はクレジットカードを使っている場合、なんらかの方法で調べる業者もあったようなのですが、現在は完全に調査することは難しくなってきているようですね?

○交友関係を調べる(異性関係を知らべる)

こちらは主に張り込みや尾行してマークして調べる場合と、交友先の周辺から聞き取りで調べ場合が有るようですが、調査対象に調査されている事がわかってしまう場合も有るようです。

その他

前科がないかどうかを調べる

思想信条を調べる

出身地や親戚関係を調べる

等々を出来る限り調べるようです。

まあ調べられて困るような人であれば自業自得でしょうし、調べられて困るような事が無ければ気にしなくても良いのかもしれませんが、本人以外の両親や親戚関係や出身地などで、難癖がついてくるような場合は、本人だけでは対応のしようが有りませんし、就職関係であれば本人の能力以外で選考してはいけないって、法律で定められているから良いのですが、結婚調査の場合は定めは有りませんので、本人にとっては悲しい事なのでしょうね?

追伸

最近では個人情報保護の壁が高くなってきて中々調べるのも難しくなってきているようですけどね?

関連コラム

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示