携帯電話の普及と浮気調査の増加傾向

携帯電話の普及は、社会の様々な方面に多大なる影響を与えておりますが、携帯電話の普及と日本での浮気の件数との相関関係が有ると断言して良いのではないでしょうか?

単身赴任の場合を除き、携帯電話が普及する前は浮気相手と連絡を取り合うのにみなさん非常に苦労していたわけです。

勿論、相手の家庭に電話は出来ないですし、手紙も電報も無理な場合が多く、相手と連絡を取るのに四苦八苦の時代があったようですが、携帯電話の普及とともに、やすやすと、携帯電話及びメールで連絡が取れるようになってきたのです。

これは携帯電話のせいではないのですが、携帯電話が無い時代であれば、浮気まで発展しなかった場合でも、なにせ簡単に直接本人に連絡が取れるようになっていますので、浮気にまで発展してしまう場合が、出てきてしまうわけです。

逆の見方をすれば、携帯電話が無くなれば浮気の発生は激減するとも言えるのではないでしょうか?

携帯電話と浮気の問題についてもう少し書いてみようと思います。

携帯電話の普及とともに浮気の発生が増えている事は、ただ今書いたところですが、浮気相手との連絡手段に携帯電話や携帯メールをつかっている場合が圧倒的に多いために、浮気が発覚するのも、携帯電話の発信履歴や着信履歴や、携帯電話に残っているメールなどから、発覚してしまう事も多発しているようですね。

このあたりは、通話のたびに着信履歴や、通話履歴を削除したり、メールも読んだり送信したら、即座に携帯電話のメモリーから削除を行なう緻密さが要求されてきますね。

ただしキャリアでは本人からの請求であれば過去の発信記録や受信記録を請求すれば取り寄せが可能ですので、奥さんとかご主人に要求されて取り寄せられてしまいましたら、浮気が発覚してしまいますので、どーしてもって事であれば別途プリペイドの携帯電話を用意するって方法もあるのですが、今度はそのプリペイド携帯が見つかって島うっけんせいが出てきますので、なかなか難しいのです。

まあ、そのくらいマメに物事に向かわないと何事も上手くいかないって事なのでしょうか?

追伸

携帯電話の普及とともに、浮気がやりやすくなった反面、発覚しやすくなっているのも又事実なのです。
浮気を疑ったら先ずは相手の携帯電話をコッソリ調べるとか、通話履歴を取り寄せるってのが常套手段ですからね。
発覚してあとでこまるような事はやらないことが一番のオススメですね。

関連コラム

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示