浮気の兆候発見と女性の感

浮気の調査を依頼してくるお客は、ほぼ女性なのだそうで、男性が浮気の調査依頼をしてくるのは稀なのだそうです。

でその女性が浮気の調査依頼をしてくるには何かの兆候を感じ取って、決定的な証拠はないけれど、浮気をしていると確信して調査依頼をしてくるわけですが、この決定的な証拠はないけれど、感に基づく浮気の疑惑は、まず当たっていることが多いそうです。

巷?よく言われる浮気の兆候といいますか、浮気をしている場合の変化は、帰宅が遅くなるとか、おしゃれになったとか、会話が少なくなったtか、携帯電話にやたらとメールが入ってきているようだとか、言われてていますね。

例えば、浮気をしている男性が巷に言われる浮気の兆候を全て分かった上で、細心の注意をはらって、兆候を出さないようにしても、微妙な変化を感じ取って、浮気をしている確信を得てしまう女性が多いそうです。

逆に言えば、男性のほうが浮気に感づく人が少ないって事でしょうか?

何故ならば、浮気ってのは男性と女性の間で発生するものですから、100人の男性が浮気をしていれば、同じ数だけの女性が存在しているって事ですよね。

必ずしも、浮気相手にもパートナーがいるとは限りませんので、100人の男性が浮気をしていれば100人の女性が鵜浮気をしているとは限りませんが、浮気調査をしてくる男性と女性の比率ほど、性別による浮気の発生比率は変らないと思うのです。

ここで私は思うのですが、相手が浮気をしていても、気が付かない場合が多い男性と、直ぐに気が付いてしまう女性とどちらがハッピーなのかなってね。

個人的には、相手に少々浮気をされていても気が付かない男性のほうが、幸せな人生なのではないかと思っていますね。

まあ浮気に感づくほうがハッピーなのかそうでないかは、人によって意見が分かれるところかもしれませんが、女性の感は鋭いってのだけは真実のようです。

追伸

男性が浮気をする場合、発覚する確立が非常に高いって事は頭に入れておいたほうがよさそうです。

浮気調査の依頼も、昔と違って興信所や探偵事務所に行かなくても、インターネットで沢山、浮気調査の会社があって、メールで相談できてしまいますからね。

ついでに書いておきますと浮気を問い詰められた時に男性の方が白状し易いのだそうで、逆に女性の場合は、証拠を突きつけられても白を切ったりするのだそうです。

さすがに女性は強いですね。

関連コラム

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示