変装グッズ・変装についての考察

江戸川乱歩の時代から、探偵小説、場合によってはアクション映画でも変装の場面が良く出てきますが、今回は変装と変装グッズについて考えてみようと思います。

※最近見た映画、チャーリーズエンジェル フルスロットルでもエンジェル達が変装するシーンがありましたが、何故か映画での変装は、変装が終わった状態で(実際には俳優・女優が違うのですが)出てくるのでありまして、変装をしている場面は決して出てこないのであります。

映画のような変装は有り得ないのですが、何日も同じ人を尾行して調査する場合に、毎日毎日、同じ格好で尾行していると、尾行相手に気づかれる可能性が高くなりますので、若干の変装をする場合があるようです。

■服装

背広姿・ジーンズなどラフな格好など、服装を変えるだけで一瞬目にするイメージは大きく変ってきます、顔まで分からない距離を置いて尾行するわけですので、服装を変えるのは必要です。

その他小道具としまして

■眼鏡

眼鏡をしている場合は顔を見て記憶するときに、眼鏡の印象が強く残りますので、眼鏡も有効な小道具の一つになります。

■カツラ

話を伺った探偵さんでは、カツラは使用しないそうで、帽子をかぶるとか髪型を変える程度です。
元々、髪の毛が少ないカツラ着用の探偵さんであれば、カツラを複数持っていて、日によってカツラを変更するのも良いかもしれませんね、そうするとカツラの料金も経費で処理できますから一石二鳥??でしょうか。

■付け髭

ヒゲですね、付け髭もあまり使用しないそうで、理由は日本人の場合、ヒゲを生やしている人は非常に少ないですから、ヒゲをつけていると、かえって目立つとの理由からだそうです。

とまあ、こんな感じで場合によっては探偵さんは、変装を行なうそうですが、映画や小説の変装のように別人になる変装ではなく、ちょっと人が変る程度の変装で、あくまで目立たないのが探偵ですので、変装もさりげなくが基本のようですね?

追伸

変身願望で探偵になって変装を楽しむ方もいらっしゃるのでしょうか?

まあコスプレマニアなんかも一種の変装ですしね。

ただ変装は女性の方が向いているようで男性の場合はばれやすいのだそうです。

関連コラム

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示