探偵小説の効用

日本に限らず、私立探偵が事件を解決する推理小説はヒットしてシリーズ化された、探偵小説も多く探偵業界にとっては、探偵のイメージアップに貢献してくれる嬉しい存在なのではないでしょうか?

実際の探偵業務は家庭内や男女間などの泥水の中を泳いで生計を立てていると言ってもよい様な気がするのですが、探偵小説に出てくる多くの私立探偵は、頭脳明晰で切れ者としての存在として描かれる場合が非常に多いのですよね?

実際にはですよ、調査対象のプライバシーを嗅ぎまわって、知られたくない部分を調べて依頼者に渡すのですから、実際の業務内容からいえば、格好の良い存在からかけ離れていると思いますがね?

しかし、多くの方が”私立探偵”で連想する事って聞かれたら、

シャーロック・ホームズ・工藤ちゃん・明智小五郎・江戸川コナン・古畑任三郎・金田一耕助 ・神野推理・ポアロ・沖雅也と圧倒的な多くの方が、この手の頭脳明晰、カッコイイ系の探偵を連想してしまうでしょうね?

ドラマを作るにしろ、小説を書くにしろ何か事件が起きて、それを解決させるストーリーを考える場合、刑事を登場させる以外は、私立探偵が違和感なく登場させられますからね?

つまり探偵業界は、実際の業務とかけ離れた、探偵がテレビや映画、小説の世界で活躍してくれることによって、勝手に業界のイメージアップ?や、人々の潜在意識を良い方向にしてもらっている稀な業界だと言えましょう。

いいですか?

テレビの中や小説に出てくる私立探偵は、丁度、テレビや小説に出てくるスーパーヒーロー、ウルトラマンやエイトマン、Mrインクレディブルのような存在で実際にはいないって事をどの位の人が分かっているのでしょうか?

探偵物のジャンルは無くなる事は有り得ませんので、今後も映像と活字の世界で、私立探偵のヒーローが次々登場してくる事だけは間違いないですがね?

追伸

そういえば日本の探偵小説やテレビドラマなどで探偵報酬を提示したり請求書を出したり、報酬を受けtるシーンをみた事が無いのですがどうなっているのでしょうか?

まさか無報酬で請け負っているわけもないのですが、リアリティを出すのでしたら、その辺のシーンも必要なのではないでしょうか?

関連コラム

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示