イベント系の婚活(料理合コン、ゴルコンなど)

えっと婚活支援活動とでも言うのでしょうか、営利目的にしても非営利の慈善活動にしても男女の出会いの場を設けて、婚活真っ最中の男女にチャンスを提供する側も、どーせやるのでしたら出来るだけ沢山の人に参加して貰って、しかも盛り上がると言いますか会話が弾むようにしたいと思って居るに違い有りませんし、勿論、今現在婚活真っ最中の人も参加しやすくて異性が沢山集まるような所に出向いていきたいのは当たり前の話ですから、主催者のほうも目先を変えると言いますか色々趣向を凝らし始めたりしているのですよね。

まぁ経済的な事とかはさておきまして、結婚する男女が増えませんと必然的に子供の数は減少してしまいますし、昔あった貧乏人の子沢山なんて話なんてそんな事を実際に実行してしまったら、余程の経済的に恵まれている人以外は子供を4人とか作ってしまうといとも簡単に経済的に破綻してしまうのが今の日本の実情なのですよね。

で本題に入りますと報道等によりますと何でも最近の婚活支援ではちょっと変わったと言いますか、目先を変えてと言いますか、一緒に麺類(うどんを打ったりするらしい)などを作りながら合コンする料理合コンだとか、ゴルフをラウンドしながらってちょっと待てゴルフってのは一応、紳士のスポーツとか言われて居たと思いますし、プレーに集中しないでだらだらゲームの進行をされたら後に回っているパーティーが非常に迷惑すると思うのですが、とまぁ何だか合コンとか婚活にそぐわないようなイベントをくっつけたものまで、考え出されているようなのですが婚活って言葉が世の中に出てきてからそう長い年月が経っている訳でもないですし、商業ベースに乗って業者が出てきたのもごく最近の事ですから、試行錯誤の時期ってのも有るのでしょうかね?

個人的にはイベント系の婚活でしたら(今でも地域によっては行われていると思いますが)地域の住民参加の運動会見たいのものを少し参加する地域の範囲を広げて行いまして、その中の種目の中に婚活支援的なムカデ競争とか借り物競走とか取り入れたらどうかなって思いますね。

そーゆー地域のイベントでしたら、両親も独身の息子や娘を引っ張り出しやすいような気も致しますし、本人も何となく参加がし易いような気がしないでも無いのですが、隣近所とかよく知っている人が参加しているような場所でしたら難しいでしょうかね?

追伸
別に婚活とは関係なくても趣味が一緒に人同士でしたら共通の話題もありますし、中々良いと思いますので趣味と婚活を結びつけたようなイベントは今後増えて来るでしょうね?

関連コラム

結婚難民対策コラム1

結婚難民対策コラム2

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示