婚活のやり方(方法)

婚活とはもちろんご存じ結婚できるようにあらゆる手段を駆使して結婚してくれる相手を探す事になりますが、どうもお節介な叔父さん叔母さんが絶滅寸前のようで、ぼやぼやしていると直ぐに売れ残ってしまう可能性が高くなってしまった現代ですから、30歳になったら婚活を始めるって人も多いのでは無いでしょうか?

でその婚活のやり方の方法論に入る前に一番大切な事を書いておきますと、やはり明るい前向きさってのは何よりも勝ると思うのですよね。

まあ異性が沢山居るサークルに入ったりお見合いパーティーに参加しても、何だか焦ってがつがつしているように思われるのが嫌だななんて妙なところに思考が回ってしまって、消極的になて誰か向こうから声をかけてくれないかななんて思っていると、女性でしたら壁の花、男性でしたらでくの坊になるのが落ちなのでありまして、特に第三者から見て婚活関連の場に出席しているお姉さんお兄さんは全員、結婚相手を探しに来ている結婚難民なのですから、何も隠す必要は無いしそーゆー結婚願望を隠しているほうが余程、性格が悪いのではないかと思ってしまうのですよね。

でやる気が出てくれば、今いる人間の約半分は男で約半分は女なのですから、お互いに婚活している人も沢山居る事実を考えれば、単にそーゆー人達がたむろするような場所に出て行けば良いだけなのでは無いでしょうか?

勿論、少々お金はかかりますが結婚相談所が主催する見合いパーティーに始まりまして、各種サークルですとかNPO法人や地方自治体が主催するお見合いパーティーなんてのもマメに探せばちゃんと有るのでして、この辺りも積極性とマメな努力が肝になって来るのですね。

それとね、特に独身男性におきまして収入が低いからもう少し貯金が出来てからとか、収入が上がってから何て言って婚活をしないで放置している場合が有るかと思いますが、それは逆の話で収入が少ない人ほど早くから婚活に精を出して、早めに相手を確保しておきませんといよいよ、年は中年で収入も低収入って事になって結婚を諦めるしか無くなってしまうので有ります。

ではその気になった人は婚活をスタートして下さいな。

追伸
しっかし時代は変わった物で職場結婚が少数派になりつつあるようで、そりゃもう職場で付き合ってる女性(男性)がいるかどうか聞いただけで即、パワハラだとかセクハラで訴える事が出来る世の中になったのでありまして、こーゆーのは結婚相談所とかを喜ばすだけの状況ですよね。

関連コラム

結婚難民対策コラム1

結婚難民対策コラム2

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示