結婚相談と結婚の条件

池波正太郎書くは剣客商売ですが、結婚難民が増えれば増えるほど、少子化も何のそのって事で結婚相談所ですとか、お見合いパーティーの企画だとかが頑張って商売に励む訳ですが、まあとにかく結婚の条件ってのが色々考えると、中々今の人は大変だなって思いますよね。

では思いつくままに結婚出来る条件ってのを書いて見ようと思います。

■収入
これは主に男性側に言える事なのですが、やっぱり結婚するとなると、独身よりも少しは広い住居の確保が必要ですし、食費だって二人分かかりますし、洋服だってたまには二人で新しいものが欲しくなりますし、結婚したんだからたまには二人で外食もしたいし、なにより将来子供が出来た事を考えて貯金もするって事になると、とても今の派遣社員の収入じゃ無理・・なんて事を考えてしまって、最初から結婚を諦めてしまっている人も少なく無いと思います。

けどねよーく目を凝らして辺りを見回してみますと現在の夫婦者の過半数は共働きの状態になっていまして、もう若年から中年夫婦まででしたらたぶん八割位は共働きなのでありまして、別の視点で考えてみますと、さっさ結婚してしまって平和な家庭を築いてしまったほうが、貯金も出来て人間らしい生活が出来るって思いますけどね。

■容姿の問題
まあ結構自分の容姿に不満を持っている人は少なく無くて、まあ思うに九割以上の人は自分の容姿に何らかの不満を持っていると言われますし、これもまたよーく目を凝らして世間を見てみますと、結構無茶苦茶な?容姿のお父さんやお母さんが、家庭を守っているのでありましてどうやって結婚相手を見つけたのか分かりませんが、結構な美男美女の逆って何て言えば良いのでしょうか?醜女、不男?まあとにかくそーゆー容姿の方々もちゃんと結婚して子供を作っているって事は、見合いか恋愛かは別にしてちゃんと結婚相手をゲットしている証拠なのですよね。

■両親とか跡取りとか
えっと自分が長男もしくは長女で両親の面倒を見るとか跡目を継ぐとか、養子に貰うとか養子に入らなくちゃとか、まあそーゆー血縁関係の事柄が結婚の障害になっているって思い込んでいる場合も有るのでは無いでしょうか?

これも実際に日本の人口統計だか世帯調査の結果を見てみますと、現代の日本人の八割以上が長男長女になっているので有りまして、つまりその今や長男長女じゃない人のほうが圧倒的に少数派なのでありまして、まあそーゆー事も理由にも何にもならないのですよね。

って事は結婚できない男とか女って話題がありますが、他に何か性格的な部分とか何かあるのでしょうかね?

関連コラム

結婚難民対策コラム1

結婚難民対策コラム2

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示