自己PRの方法

小学校でも幼稚園でももっと大きくなって高校生でも新しい知らない人ばかりの集団に入った時に、素早く友達を作れる人と何となくそーゆーのが苦手で中々友達が出来なくて、中には卒業するまで仲の良い友達が出来ないまま、卒業の日を迎えちゃう何て人も居るのでは無いかと思いますが、結婚パーティとか合コンとか不特定多数の男女が一堂に会して相手を見つけるって時にはやっぱり子供の頃に友達を直ぐに作れちゃう人と、そうでない人との違いが同じように出てしまうと思いませんか?

でね、子供の頃を思い出せば誰でも友達が作れる子とそうでない子の違いは分かると思うんだけど、もう物怖じしないでどんどん自分から相手に話しかけていくかどうかの違いだけで、容姿がどうのこうのだとか、ファッションセンスがどうだとか会話の内容が上品だとかは先ずは関係ないですからね。

でまぁその婚活関係のパーティですとかコンパって場合ですと、まさかいきなり勝手にどうぞって事は無いと思いますから、個別又は最初に全員の前でか分からないですけど自己紹介をやらされるって言いますか、やるチャンスが有るわけですよね。

何でも誰かに聞いた話では人間ってのは初対面の人と初めて顔を合わせて、何秒かって位の短い時間でその人が好きか嫌いかって判断をしてしまうらしくて、まぁ時間をかけてお付き合いしていればやがて、相手に対するイメージや意識も変わってくる場合も有るのでしょうけど、合コンとかお見合いパーティの場ですからそんな悠長なことは言っていられませんから、上手に自己紹介する必要性はもの凄く高いんじゃないかなって思います。

でまぁその自己紹介の方法なのですけど、これは男も女も全く一緒の話で笑顔でゆっくりしっかり相手に聞き取れるように話をすることと、自慢しない威張らないってごく当たり前の事をさらっと実行するしか無いのでは無いでしょうかね?

まぁ妙な手品を仕込んでいきなり相手の気を引こうとしたり、何だかわけの分からない一発芸を行って目立とうなんて事は考えるのも実行するのも全くの個人の自由で効果が有るのか無いのか私には分かりませんけど、滑った時の気まずい雰囲気を想像すればやめとく人が多いのでは無いでしょうかね?

追伸
こーゆーのって場数をこなせば上手になると思いますけど、婚活の合コンなんてのは慣れてベテランになるものじゃ無くてさっさと卒業すべきものですからね?

ではご健闘をお祈り申し上げます。

関連コラム

結婚難民対策コラム1

結婚難民対策コラム2

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示