結婚する気がない

結婚に関する諺じゃないかもしれませんが、確か馬を水辺まで連れて行く事は一人で出来ても、大勢かかっても水を飲ませることは無理なんてのがあったと思いますが、いくら親族一同で婚圧プレッシャーをかけても本人に結婚する気がなければ、結婚させようが無いのでありまして孫の顔も諦めなくてはいけなくなってしまうわけですよね?

本人に本当に結婚する気がないのかは当人しか分からないことですし、本人もよく分かってないのかもしれませんけど、男性で考えますと家事ををこなす各種家電製品やサービスは充実していますし、女性も経済的に自立している人も多いですし、なにより生まれも育った環境も違う他人同士が一つ屋根の下で生活するのに不安が先にたってしまう事も有るのではないでしょうか?

まぁ毎日それなりに平和に充実しているのにわざわざ結婚なんてして夫婦喧嘩だとか子どもの問題だとか結婚相手の両親や親族との付き合いだとか、家事の分担だとか経済的な部分で自由に使えるお金が無くなるだとか、好きなように生活出来なく無るとか上げていけば結婚する気を失わせる理由は幾らでも出てきてしまいます。

ましてや自分の両親がいつも諍いばかり起こしているような家庭でしたら、上記に揚げたような理由も加わりまして婚活スタートする気にもならず、生涯独身主義宣言を早々に出してしまってもおかしくないかもしれないですよね?

結婚する気がない本人としては自分の人生なんだから勝手だし自由にさせろ、私は結婚なんてしたくもないんだって感じかもしれませんし、親としては折角苦労して結婚適齢期まで育て上げたんだから早く結婚して子供を作って安心させて欲しい、孫の顔をみてからあの世に旅立たせて下さいよって感じでしょうかね?

ただまぁ本人にその気がない限りいくら婚圧を高くしても難しいでしょうし、本人をその気にさせる異性が出現したとしても、相手が気に入ってくれるかどうかはまた別問題なのでありまして、まぁ結婚しない男女が増えているのもわかるような気が致します。

こんな事なら早くにもっと沢山子供を作っておいて少々独身主義者が出ても大丈夫なようにしておけば良かったなんて嘆きましても時既に遅しなんて状態ですし、中々人生思いどうりにならないなんて考えてしまう人も少なくないのでは無いでしょうかね?

追伸
女心と秋の空とか男も一緒だとか言われますけど、結婚する気がない人でも明日になったら180度考え方が変わりまして、婚活スタートなんて事も有るんですよね?

関連コラム

結婚難民対策コラム1

結婚難民対策コラム2

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示