女性にモテる方法

一部の報道によりますと政府の少子化と結婚難民対策の一貫と・・じゃなかった国債を何とか独身男性に売りつけてやろうと、持っている人は女性にモテるなる広告が反響を呼んでいるようですけど果たして婚活中の自己PRにそんな事が通用するのかどうかを考えてみたいと思います。

さて婚活をするにあたりまして当然ですが婚活の目的は結婚して家庭を持つことなんですから特に男性の場合は家庭生活を維持するために必要なお金、そう明るい家庭生活の必需品と言われる現金収入がしっかりしていないと、ある意味婚活する資格がないと言っても過言では無いでしょう。

ただ私の推測で全ての人に当てはまらないとは思いますけど、女性が結婚候補の男性を見定める時に、まずはどんな仕事をしているかとかお勤め先について確認したり致しますけど、お付き合い中とかもしくはお見合いの席上で、ところで資産や貯金は幾ら有りますかなんて聞かないのでは無いでしょうか?

私の希望的な思いも含めて書きますと、中高年の結婚ですとか再婚の場合は別に致しまして若いふたりが人生の新たなスタートを切る段階では、何にしても少々不足気味の状態のほうが良いのでありまして、そこから結婚した二人が力を合わせて豊かになっていくのが良いんじゃないですか?

ですから政府の言う女性にモテる方法は国債を持てる人なんてのは100%間違っていないですけど本質は捉えていないと思います。

まぁそーゆー結婚相手には本人の事は二の次三の次で資産関係にしか興味が無いような人とは結婚しない方が良いと思いますし、そもそも今は低收入の男性が多いんですから政府が間違ったモテる方法を喧伝しちゃいけないと思いませんか?

さてでは本題のモテる方法について書いてみようかと思いますが、あのね婚活中の方がお読みになっていると思いますが結婚ってのは日本では一人が一人としか結婚出来ないんですから、その辺りは先ず欲張った考えはさっさと捨てて下さいね。

それでやっぱり仕事に一生懸命に取り組んで、他人に思いやりが有って人生を楽しめる人ってごく当たり前の事を追求すれば宜しいのでは無いでしょうかね?

はっきり言って多くの女性にモテようなんて気持ちを持っている人を結婚の対象に考える人のほうが少ないと思いませんか?

どうも期待を裏切るような内容になってしまったかもしれませんが、あくまで個人的な見解ですのでどうしてもモテるようになりたいって人は他で情報を探して下さいね?

関連コラム

結婚難民対策コラム1

結婚難民対策コラム2

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示