ハデ婚と見栄の関係

バブル経済絶頂期の頃は結婚式場も競い合うように派手な演出を考えまして、ゴンドラだのスモークだの豪華絢爛なハデ婚のお手伝いをしていたわけですけど、最近はすっかりハデ婚は鳴りを潜めまして地味婚こそ時代の流れみたいなことになってきているような気が致しますね。

ただし日本経済低迷中の昨今ですから資金力が有るとか、結婚式にやってくる招待客は皆がお金持ちなので相当のご祝儀が集まるなんて人は、経済を活性化されるために豪華絢爛な結婚式を執り行っていただきまして、宝石の詰め合わせでも入れた引き出物をお持ち帰り頂けば少しは景気も良くなるのではないかと思っています。

ただまぁ今どきハデ婚なんてものを執り行うのは見栄の塊だなんて批判が出る可能性が有るので、その辺りを心配してしまう人もいらっしゃるのではないかと思いますけど、これから結婚する方の過半数は一生に一度の事ですからご両人がハデ婚をご希望されるのでしたら、思いっきり派手な結婚式を挙げれば宜しいんではないでしょうか?

ただしやっぱり派手な演出にばかり気を取られてしまいまして、披露宴での料理がいい加減ですと食べ物の恨みは恐ろしいとも言われていますので、本人たちが知らないところで批判がでたりすると思いますから注意を払いたいですね。

でね私は落語の世界でしかしらないのですけど、昔は名主さんですとか大家さんとか地域のお金持ちなんて言われる人達の結婚披露は地域の皆様、えっと小作人の人ですとか店子の人達を集めまして、料理や酒を振舞ういわば幸せのおすそ分けみたいなところが有ったように聞いていますから、こっそり地味婚も全然OKですけどそれなりに財力が有る方でしたら、ハデ婚を執り行いまして、ついでにご近所さんにもお祝いの品を配るくらい徹底してなされば、幸多き船出になるのではないでしょうか?

まぁどうも昔から派手に何かを行いますとどーしても見栄っ張りとかヤッカミが出てくるのでありまして、もちろんそれは分相応とでも言いましょうか、結婚する二人の財力に合わせて結婚披露は考えれば良いですし結婚後の生活のことまで考えなくてはいけないと思いますが、ハデ婚で散財出来る人でしたら日本経済のために頑張って欲しいと思いますね。

追伸
そ~言えば確か昔は結婚式が終わりまして新婚旅行に出発する車には、空き缶を沢山車の後ろに紐でくくりつけて、からがら音を立てて俺たち私たちは新婚なんだぞって走る風習が有ったと思うのですけど、あの習慣も気がついたら無くなって誰もやる人がいなくなってしまいましたね。

関連コラム

結婚難民対策コラム1

結婚難民対策コラム2

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示