婚約の定義について考える

婚約とは文字通りに結婚の約束する事になりますが、時に婚約破棄なんて事で裁判にまで発展する事も有るのでしてこの辺りの定義は明確にして頂くとか、裁判所で契約書の書式を発行して頂きまして自著捺印して始めて婚約が成立するとかして頂きたいところですが、単純明快な定義は存在しないのが実情なのですよね?

まぁ一応は口約束でも成立するらしいのでは有りますが、では高校生同士の恋人の男女が将来を誓い合った場合に婚約が成立するかどうかって事になりますと、この場合は不成立になりますが大学生位になりますと微妙なところになってくるのですよね?

まぁ中には相手にはその気も無いのに勝手に私には婚約者がいるなんて何時の間にやら思い込んでしまって、周囲に宣言しちゃう人なんかもいまの日本では出てきそうなので有りまして、そんな事で泥沼の争いになっても仕方が無いですから、婚約破棄なんて争いが有る以上ここはしっかり定義を決定する必要が有ると思えてきました。

ただまぁ最近のとても高い離婚率なんてことを考えてしまいますと、慌てて婚約なんて致しまして成田離婚とかハネムーン離婚とか早々に別れてしまう夫婦になるよりも、結婚式の日取りも決めるまで婚約状態になんかならないで、危ないなと思ったら直ぐに考え直すチャンスも残しておいた方が良いようにも思えますし複雑な処ですよね?

どうもお互いに相手のことを深く知れば知るほど性格は合わないし、些細なことで対立してしまうしこりゃ結婚しても円満な家庭生活を送ることが危ぶまれるなって思っても、婚約してしまったので今更後へは引けないなって心の隅で思っている人もいらっしゃるのかもしれないですからね?

そんなわけで、色々考えてみましたが結局は結論が出ないのです。

折角ここまでお読みいただいた方にはお詫び申し上げます。

追伸
私の場合は婚約指輪なんて洒落たものは相手にプレゼントしなかったのですが、もしも婚約指輪の風習がなくなったらその手の業界は大打撃でしょうね?

ただ思うに婚約指輪ってやつは確かキリスト圏の風習で最後にはお寺に眠る日本人としては、婚約指輪なんてものを当たり前のように使わなくても良いような気も致します。

ただしあの指輪のお陰でもって私は婚約しているんだぞ!って感じで周囲に無言後に告知出来るのも確かなので有りまして、それなりには役に立っていると思いますけど、それ以外に何か意味合いが有るような無いような気も致しますね?

関連コラム

結婚難民対策コラム1

結婚難民対策コラム2

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示