婚活と両親の存在

最近は結婚式の招待状を受け取っていないのですが確か招待状には○○家と△○家の誰それが結婚の儀を執り行うとかなんとか、ひとりの男とひとりの女が婚姻届を出して夫婦になるって事よりも、あっちの家とこっちの家からひとりずつ男女を出して新たな家庭を築きますよみたいな感じの招待状が多かったような気がするのですけど、まぁそうなりますと結婚するってのは当人同士の事以外にお互いの両親ですとか家の存在から目を逸らせるわけには行かないって事になってくるのでしょうかね?

まぁそういえば渥美清さん主演の寅さん映画での主題歌でもヤクザな兄貴がいたんじゃ妹はお嫁に行けないなんて歌詞が歌われていましたけど、妹のさくらは素早くヒロシと結婚して子供を授かっていましたから寅さんの心配は杞憂に終わったわけですけど、両親とか実家が本人の結婚に影響する大きさは考えてみると小さくないような気が致します。

ただまぁ自分が結婚出来ないのは両親のせいにするとかそーゆー話はまたの機会にいたしまして、どうも聞くところによりますと結婚難民またはその予備軍が増えてきましたおかげで代理婚活っていうのでしょうか結婚したい(またはさせられたい)本人になりかわりましてその親が変わって婚活に励むってのが一時期話題になりましたけど、う~ん女性の親がそーゆー行動を取るのならまだ理解できますけど、一丁前の成人男性にもなって親が婚活にしゃしゃり出てきて頑張って息子の結婚相手を探しているような処に、嫁に行きたいって人が果たしてどのくらいいるのでしょうかね?

なにせ親が婚活に一生懸命でもその子どもが親の言いなりで動いているだけでしたらたとえ結婚までたどり着いてもその後の家庭生活の維持がとっても心配な気が致しますし、平たく言えばマザコン男なんてのは犬も食わないのでありまして、自分の息子が結婚難民になるのが心配でつい頑張ってしまう親御さんも少なくないのかもしれませんが、そんな事をしても後で家庭生活の維持ができなくて離婚でもした日には元の木阿弥になっちゃいますから、ほどほどにしたほうが良いと思いますね。

思うに婚活に際しまして両親が出来ることってのは極力無関心を装って放っておくといったら言い過ぎですが、必要以上に干渉いたしまして支援するつもりが逆に足を引っ張らないようにするのが一番大切ではないかと思うのでありまして、引っ込み思案で内向的な息子の場合でも後ろから蹴っ飛ばして放り出す位が調度良いのではないでしょうかね?

関連コラム

結婚難民対策コラム1

結婚難民対策コラム2

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示