晩婚化と結婚適齢期

遠い海の向こうイエメンでは早婚を禁じる法律が女性の激しい反対に有ってるようですが、日本では晩婚化がどんどん進みましてその昔に女性はクリスマスケーキのようなもので25才を過ぎたら貰い手がなくなるなんて話は嘘のように30才を過ぎても独身の女性は珍しくも何とも無いのですが、今回のコラムではそんな事について考えてみたいと思います。

さて日本の戦国時代には政略結婚で10歳未満の嫁入りなんて事も有ったようですが、そんな事はさておきまして許嫁とかそーゆー風習もなくなりましてすっかり結婚は個人の自由意志になったわけですけど、晩婚化の理由として学校を卒業して直ぐに結婚して家庭にはいると人生が楽しめないって考える女性が増えたことも一因に有ると思います。

共働きでは結婚しても家事の負担はどうも全国的に女性のほうが数段高いようですし、専業主婦って恵まれた経済状況を提供出来る男性は少数派ですし、どうも携帯電話ですとかインターネットですとか余計にお金がかかる事も増えていますし、現実はなかなか厳しいのですよね。

それに配偶者控除なんて仕組みはどうやら民主党政権の目論見では廃止される予定ですし、これじゃ政府が率先して日本人女性の晩婚化に拍車を掛けるような政治ですし、子ども手当のほうも海外在住の養子にまでお金を配る大盤振る舞いで、しかも子供の養育費にお金がかかる時期がくればなくなりますので、まったく少子化対策と逆行しているような気がします。

でね思うに男でも女でも異性に興味を持って好きな異性を自分のものにしたいって気持ちは十代の後半から二十代の前半が一番強いと思うのですが、それでも晩婚化が進んでしまうってのは何か社会の仕組がそれにブレーキをかけてしまうほど大きいような気が致します。

つまり好きな人が出来て運良く恋人になって交際が始まりまして、いつも一緒にいて家庭を築き上げたいと思っても、貯金が無いといとか生活が維持出来そうも無いとかそんな将来の不安を考えて結婚に躊躇してしまう人が多いのではないかと想像します。

ほんとにいまの若い人がかわいそうだなって思うのが、私の若い頃は必ず経済は右肩上がりで成長して今は給料が安くても、来年には少し増えるし10年も経てばもしかしたら夢のマイホームが買えるって希望が有ったと思うのですよ。

そんな希望を持てた時代はとっくに終わってしまいまして、10年後に明るい未来をまったく考えられない時代になってしまったのでありまして、これは私など今の働き盛り世代以上と政治が問題だったわけで、何か考えてあげないといけないような気が致します。

関連コラム

結婚難民対策コラム1

結婚難民対策コラム2

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示