他力本願的な運気上昇方法

えっと今の自分がもの凄くついていて運気赤丸急上昇中って時を考えて見ますと自分が先頭に立って幸運を一手に引き受けているような場合と、なんとなーく運が向いていて絶好調な人の下で働いているとか、仲間になっているっていわば他力本願のような運気上昇と二種類に分ける事が出来るのでは無いでしょうか?

まあ自分は絶好調で運が向いてきたって思っていても実は他人に引っ張って貰っていたってだけだったりする事も多いと思いますし、人間関係は複雑ですから簡単に判別がつかない場合も少なく無いと思いますが、少なくとも他人のツキを下げてしまうとか、何と言いますかインケツのような下降局面にある人間には少なくとも近づかないって事が大切では無いでしょうかね?

私の個人的な推測でそれを証明する事も統計を取る事も出来ないのですが、幸運とか不幸を運んでくるのは決して天使でも女神でもバイキンマンでもなくて、大部分が他人が運んでくるのでありまして、ある人は素敵な出会いや情報や飯の種を持ってきたり、また別の人はトラブルの種や不幸の原因を運んできたりするのでありまして、幸運を追い求めるとか運気上昇の方法を探すとか、開運グッズをコレクションするよりも付き合う相手を選んだほうが幸運がやってくる可能性が高いのでは無いでしょうかね?

実際に言うほど優しくはないですが自分でしゃかりきになって頑張るよりも、運気上昇中の人とか企業の子分にでも手下にでもなっておこぼれを貰っているほうが楽で確実ですし、まあその親分の運が尽きてきて落ち目になった時にコバンザメのように別の幸運の持ち主を捜し出して乗り換えられるかどうかは難しいところですが、一つの運気上昇の方法でしょうね。

ただ落ち目になった途端に手のひらを返すように態度を豹変させるような事は慎みましょうね。

追伸
私自信がサラリーマン時代にそーゆー人を知っているのですが、影でコバンザメと言われながらも、時々の威光の一番強い役員に取り入るのが抜群に上手くて、上手に出生街道を歩んでいた人を知っていますが、まあちゃんと仕事の実力が伴っていて部下の信用も得ていれば良いサラリーマン生活を送れたのではないかと思いますが、どうも権力者に取り入る事だけに長けていて、仕事の実力も部下の信用も人並み以下で結局は人間性に問題が有る事を社内全員に知れ渡るところになってしまって、追われるようにして退職していきましたが、それに近いような人は日本中の企業に結構大量に生息しているのでは無いでしょうかね?

関連コラム

開運コラムインデックス

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示