今年の水瓶座の運勢

何を隠そう?私は2月生まれの水瓶座なのでありますが、どうやら2009年は水瓶座の年なのだそうで、大躍進と開運が約束されているのだそうです。

まあ元々私はこの手の事には否定的で星座占いの場合でしたら、水瓶座の人は人類の十二分の一の割合で存在しますし、私たちが住んでいる世界は球体の地球が回転している関係上、時差ってのがあって全く同じ瞬間に生まれた人でも、日本とアメリカでは時差の関係で日にちが違ってしまって、星座も別のものになるって事は、普通にあり得るのでありまして、このような場合の取り扱いと、星座による運勢の判定が生まれた状況などの説明を受けませんとにわかに信じられないのですが、まあ今年は水瓶座は大躍進なんだそうですから、折角なので思い切って信じてみようと思います。

※まあ時差の関係でどっちの星座でも正解になる場合は、自分にとって都合の良い星座の運勢を信じるか、もしくは過去の占いからのお告げと現実を見比べまして、どっちの星座が自分の運勢を表しているのかを決定するって感じでしょうかね?

まあ昔から信じるものは救われる何てことも言いますし、まあそれによって何か実害が出る訳でも有りませんので、徹頭徹尾の大躍進を信じて一年中、躁状態で居る・・・って訳にはいかないと思いますが、まあ逆境時には役に立つかもしれないですね。

この現行を書いているのはまだ2009年が始まったばかりで、少なくとも何か自分を取り巻く環境や状況が悪くなっては居ませんが、大躍進はしておりません。
ただ仕事は収入は周りが不況で騒いでいるのにも関わらず、かなりのハイペースで上向いているのでありまして、このまま一年間同じペースで上昇をする事が出来そうですので、振り返ればやはり大躍進だったって可能性も高いので有りますね。

まあ2009年が終わりましたら結果が分かりますので、機会があれば書いて見ようと思います。

追伸
そんな事をやってしまえば商売あがったりだと思いますが、どうも占い業界、占い師の人達は過去の占いと実際との検証をしないのでありまして、当たった、的中した事に関しては大いばりで吹聴しまくりますが、外れた事に関して頬被りしてスルーしてしまうので有りまして、どんなに有名な占い師であっても、的中率100%の方はいないと思います。

ですので、何処かの競馬予想みたいに的中率78%とか、過去の実績を数値で出してしまったほうが、お客の信用を得られるのではのでしょうかね?

関連コラム

開運コラムインデックス

息抜き代わりのコラム他

結婚支援サイト等紹介

著作権表示